借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入がある場合の相続には注意が必要です

人が亡くなることで、残された遺産を受け継ぐ権利として相続があります。ここでは、法的相続人が故人の遺産を引継ぐことになり、権利者は法に定められた割合で残された遺産を受取ることになります。

手続きは、例えば、当事者が少ない、遺産が分けやすいなどではスムーズに進むことになりますが、注意点の1つとして、故人が行った借入があります。

借入、つまり故人の借金が、手続き時に金額ともに判明しているようであれば、正の遺産と負の遺産を相殺することで限定承認を選ぶこともできます。

しかし、借金が多くて相殺をしてもマイナス面が大きいようであれば、速やかに相続放棄の手続きを行う必要があります。相続では、3ヵ月を経過することで法定単純承認が行われたとみなされ、期間経過後は変更できなくなります。

この場合、仮に借金が多ければ負債を負うことになり、その後、相続人が借入に対して返済をしていくことになります。理解しておきたいのは、相続放棄を新たに主張するには裁判所への申し出が必要になる点があり、認められるにしても相応の事由が必要になります。

なお、単純に「法律を知らなかった」では事由には当たらないことも認識をしておく必要があります。相続における借入の把握にはいくつかの方法があり、余裕をもって対処をするためには2ヵ月程度で行うことがベストとなります。

まず1つ目に、請求書の到達を待つことがあります。金融業者からの借入の場合には返済が滞ることで定期的に案内が届くことになり、案内を確認することで内容を把握することができます。

2つ目としては信用情報機関の利用があります。借入が本当にあるかどうかなどを調べるには、信用情報を利用することで把握をすることができ、銀行系となる「全国銀行個人信用情報センター」、クレジット会社系となる「CIC(シー・アイ・シー)」、消費者金融系の「日本信用情報機関」の3つのデータセンターを利用することができます。

相続では、資産だけでなく借入の有無にも気を配る必要があり、借金が多い場合の対策方法も把握しておくことが大切になります。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top