借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

年金でお金を借入れるすることができるか

65歳以上になると、日本人の多くの人は会社を退職します。それ以降に関しては年金で生活をすることになりますが、たくさんのお金をためている人と、あまりお金をためてこなかった人にわかれます。

一般的に65歳以上は景気のよかったころから働いていますので、お金を持っているイメージがありますが、全員がお金を持っているわけではありません。この場合には、お金を借入れしなければならないこともあります。

そこで問題になるのは、年金を受給している人が、果たしてお金の借り入れをすることができるかという点です。通常お金を借りることができる人は、安定した収入がある人ですが、その中に年金受給者を入れていいかどうかという問題なのです。

これに関しては年金受給者では借り入れすることができないこともあります。例えば住宅ローンがこれにあたります。一方で消費者金融やカードローンなどでお金を借りる場合に関しては、年金受給者であっても審査に通ることがあります。

なぜ年金受給者で審査に通るのでしょうか。それは、そもそも消費者金融などからお金を借りる場合は、それほど大きなお金ではないからです。3万円から5万円ぐらいの借入であれば、返済できるだろうとある程度予測がつきます。

では、返済できない場合はどうしたらいでしょうか。例えば入院してしまい返済できなくなることもあります。このような場合には、債務整理をするしかありません。

債務整理をする場合には、年齢に関係なくできますので問題ありませんが、最悪な場合には自己破産をしなければならなくなります。ある程度年齢がいってからの自己破産は、精神的に厳しいものがあるでしょう。

住宅を持っていたとしてもそれを売却しなければならなくなります。このように考えると、いくら年金生活で収入があるとはいえ、安易にお金を借りるのは避けるべきなのです。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top