借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

ローンの借入と解約

ローンでお金を借入するためには、あまり意識はしていないかもしれませんが契約が必要です。

申込みをすると審査が行われ、審査にパスすると即座に借入ができるわけではなく、その前には契約という手続きが入るのですが、審査にパスすればほぼ自動的にローンカードが発行され借入ができるために、ほとんどの人は契約を意識していないというだけのことです。

一般的なカードローンの場合、一度契約をしてしまえば、限度額の範囲内でいつでも、また何度でも借入ができます。限度額の範囲内で追加で借りることもできますし、一旦完済した後でもまた借りることができます。

完済したからと言ってその時点で契約が自動的に解約されるわけではありません。通常、完済した後であっても、特に理由のない限りは解約する必要性は低いです。

別にそのままにしておいても年会費などがかかるわけでもありませんし、もし次に借入をしたいという状況が生じた場合には、申込みや審査の手続きを行うことなく即座に借入ができるというメリットがあるからです。

しかし、完済してしまった後、もうこのローンを使うことはまず無いというのであれば、それは解約することにも意味があります。どういうことかというと、別のローンの申込みをした場合の審査に影響する可能性があるからです。

完済した後で残高がゼロの場合であっても、限度額までのお金であればいつでも借りられる状態にあるわけですから、今から新たにお金を貸そうとしているローン会社の担当者から見ると一抹の不安を感じるわけです。

この人はどうして既に契約のあるこちらのローン会社から借りようとしないのだろうか、まさかとは思うが、もしかすると複数社から借りれるだけ借りて行方をくらまそうとしているのではないか、などといったことです。

1件だけであればまだしも、このような契約が2件3件とあると、これはもう審査に大きく影響してくる可能性が十分にあります。そういうことを避けるためには、全く利用しないものは解約しておくのが無難です。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top