借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

消費者金融などからの借入はローン減税を受けられる?

消費者金融などからの借入は、ローン減税を受けることはできません。ローンを組んでいる人が減税を受けられるというケースはほとんどなく、住宅ローン減税くらいのものでしょう。

住宅ローンは生活に必要なマイホームの購入のための借入なので、特別な扱いがされているようです。住宅ローンは金利が低く、減税を受けられることもあり、資金使途の制限はかなり厳しくなっています。

マイホームの購入やリフォームの費用には利用ができますが、ローンの諸費用、仲介手数料、引越し代や家具の購入費用などには利用をすることができません。

ローン減税が受けられる借入は、住宅ローンだけと考えておくのが良いでしょう。しかし、消費者金融からの借入や、銀行融資でも、確定申告をすることで税金を節約できることがあります。

例えば、個人事業主をしている人で、事業者ローンを借りたとします。ローンの元本の返済については、経費として計上することができませんが、利息の部分については、経費として計上することができます。

例えば、ローンの利息が年間で50万円かかったのなら、50万円を事業を行うためにかかった経費として計上することができます。その結果、税金をいくらか節約することができるでしょう。

マンション経営を行っている人で、不動産投資ローンでかかった利息も経費に計上できます。

しかし、不動産投資ローンでかかった利息ではなく、カードローンでかかった利息については、個人で利用をしたものとの区別が難しいため、基本的には経費とすることができません。

結論として、個人事業主をやっているわけでもない個人が、ローンの利息を経費として計上して、税金を節約できるというケースはあまりないと思われます。

カードローンを利用していて、利息を支払っている人は多いですが、収入を得るために必要なものでなければ、経費として計上をすることはできません。住宅ローンを借りる予定がある場合には、ローン減税の制度について調べておきましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top