借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入を学生がするときのポイントは

ローンの借入を学生がする場合は、利用条件をクリアしているか確かめておく必要があります。学生ローンは学生なら無条件で借入できると考えている方がいますが、20歳以上で収入を得ているという条件付きなのです。

20歳未満だったり、20歳を超えていても無収入だったりすると、申し込むことができません。未成年に対応しているローンはほとんどなく、一部は対応していますが保護者の同意が必要だったりします。

社会人と同じように自己の責任において借りるためには、20歳以上で安定収入を得ていることが条件となります。

融資にはサラ金、銀行などが対応していますが、借入できる金額は社会人よりも少ないです。10万円を最高額と考え、その範囲内で申し込みをしましょう。サラ金は年収の3分の1以内が融資上限のため、年収90万円なら30万円が上限となります。

しかし、お金というのは想像いている以上に返済するのが大変なので、借入は最小限に抑えておくべきなのです。30万円を借りた場合、元金の返済だけでも月1万円だと2年と6ヶ月もかかってしまうのです。

それに利息も発生しますから、実際にはもっと長くなるでしょう。途中で追加融資を受けることもあるでしょうから、思っているように簡単にはいきません。学生にとっては学業が一番の仕事であるため、学業に支障が出るようではいけません。

こうして考えると、10万円以内の借入が理想的だとわかるはずです。

カードローンやキャッシングは非常に便利なものですが、便利ゆえに借りすぎになりやすいわけです。ローンで失敗する方に共通するのは、返済能力を超えた融資を受けていることにあります。

金利や利息は事前に把握して借りているので、利息が高すぎて返済できないのは自己責任なのです。学生がローンの借入をするときは、希望額を減らすための工夫をしていきましょう。バイト収入で一括払いできるような借り方をすれば失敗することはないはずです。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top