借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

お金を借入するのは計画的に

お金を借入したいと思っている人は多いでしょうが、これはぜひとも計画的にする必要があります。はっきり言って、困るのは自分自身です。あるいは家族も含めた自分たちです。

返せなくなっても誰かが何とかしてくれるだろうとか、貸した会社としても困るだろうから何とかしてくれるだろうというような考えは通用しません。

もっとはっきり言ってしまえば、返済できなくなって督促におびえるなどというのは精神的にもかなり追い詰められます。借りたお金の金額が一体どれくらいかは知りませんが、今では総額規制がありますから、年収の三分の一が最大上限のはずです。

つまり、自分自身が4ヶ月程度普通に仕事をして働けば得られる程度の金額に過ぎません。一方で、延滞をしたりして大きな精神的、あるいは金銭的ダメージを受けるのは、時間的価値に換算して4ヶ月程度で済むようなものではないということです。

そこまで追い詰められたことのない人には分からないかもしれませんが、ひとたびそういうことになれば、人生の一時期、少なくとも4ヶ月やそこらではすまないような時間を無駄、無為に過ごすことになるからです。

一方で、お金を貸したほうのローン会社は、しょせんは会社という大きな組織です。確かに貸したお金が返ってこないのは会社にとって小さくないダメージであることは間違いありません。

ですが、あくまで会社がダメージを受けるだけであり、しかも会社にとってはさして大きくない金額、それだけのお金によって片が付いてしまうことです。

別にその会社に勤める誰かが精神的に追い詰められたり、人生の一時期を棒に振ったりしてしまうわけではなく、彼らの時間は悠然と流れていくだけです。

このように考えると、借入を計画的にというのは他の誰のためでもなく、ただ自分のため、自分と自分の家族のためです。自分にはどれくらいの収入があるのか、そのうちのどれくらいを返済に回せるのか、そのことを考えたうえで計画的に借入をするようにしましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top