借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

個人が借入れをする時

個人が借入れをする時はどのような時でしょう。大きな買い物をする場合には、借入れをしなければ購入できないものもあります。借入れの対象となる筆頭は住宅や土地です。数千万円のお金をご自身の貯蓄から捻出することは、余程のお金持ちでない限り無理なことです。また、自動車を購入するときも数百万円のお金が必要になる場合も多いです。お子さんの教育を充実させたい場合には教育費を準備する必要があります。これらを住宅ローン、マイカーローン、教育ローンというのですが、借入れをする目的が決まっていますので、適用される金利は高くはないです。しかし、利用使途を問われずに自由に借入ができるカードローンやキャッシングというサービスもあります。

利用使途を問わないということは、仮にギャンブルでお金が必要になった場合でも借入れができるのです。もちろん、借入れるためには審査を受けることになります。しっかり返済できる能力のない人でなければ、金融機関も簡単に融資をすることができないのです。審査の内容としては、収入、勤務先及び勤続年数、家族構成や他のローンの借入れ状況です。申し込み者の状況に応じて利用限度額を定めるのですが、総量規制と呼ばれる法律の範囲内ならば融資を受けることが可能です。つまり年収の3分の1までは融資を受けられるのです。しかし、年収の3分の1もの借金があるということは異常な状態です。金利が安ければ良いのですが、最大年利で18%もの金利負担をしなくてはなりません。また、一括で返済できるならば日割りでの金利を負担することになりますので、わずかな金利負担で済むのですが、リボ払いという方法で長年にわたり借金を返済する条件にしますと、返済満了日までの金利負担額は思っているほど安くはありません。金利負担はあるものの、月々の分割返済ならば無理なことではないと簡単に思う人も少なからずいますが、借金が膨れ上がりますと、月々の返済すらできない状況に陥ることもあります。計画的にお金を借り、計画的に返済することが大切なのです。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top