借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入れの金利計算は簡単

借入れをする時には金利を理解しておくことが大切です。金利が理解できれば利息がどのくらい発生するのか分かるので、返済計画も立てやすいでしょう。

金利は利息制限法にて、元金10万円以上は年20%まで、元金10万円以上100万円未満は年18%まで、元金100万円以上は年15%までと決まっているので、元金に応じた金利上限を把握しておきましょう。

例えば、利用限度額50万円のカードローンを契約した場合の金利は年利18%までしかかけることができませんが、もしも年利20%で契約していた場合は年2%は無効、すでに払った超過分の利息は返還してもらうことができます。

正規の業者からお金を借りている以上は違法金利で契約していることはありませんが、基本知識として持っておくことは大切です。

金利計算式は、「元金残高×年利÷365×借入日数」で出せます。

利用限度額50万円のカードローンを年利18%で契約しているとします。

10万円を借りて翌月の返済日(ひと月30日で計算)に一括で返す場合は「10万円×0.18%÷365×30日=約887円」となるので、100,887円を支払って完済になります。

5万円ずつ2ヶ月に分けて返済する場合はひと月目が「10万円×0.18%÷365×30日=約887円」で返済額は50,887円、ふた月目が「5万円0.18%÷365×30日=約739円」で返済額は50,739円を支払って完済になります。

一括返済した方が利息の負担は最小限に済ませることができますが、無理をして生活が苦しくなってもいけないので出来るだけ早く完済できるように心がけましょう。

また、決められた返済日の前に返済をすることは可能なので、お金に余裕があるときは前倒し返済をして利息の負担を減らすという方法もあります。

ただし、返済のし忘れで返済日を過ぎてしまうと通常の利息とは別に遅延損害金の利息が発生してしまうので注意が必要です。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top