借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入時の虚偽申告について

お金の借入時に、申込書に虚偽申告をすることは絶対にやってはいけません。そんなことをするともう二度と申込みを受け付けられなくなる可能性さえあります。

しかし、意図的に虚偽申告をするような人は確かにいます。とくに悪質なものが、勤務先の虚偽申告です。

お金を借りるにあたって、一般的なカードローンですと担保も保証人も不要です。その代わり、その人が仕事をしていて得られる収入を借入金の返済のより所としているわけです。

ここに、仕事先の会社や会社に関係するような事項を意図的に偽ることにより、本来ならば融資を受けられないような人が融資を受けることができるようにしたいという思惑が生まれる余地があるのです。

例えば自分が既に辞めた会社であるとか、場合によってはそもそも勤務したこともないような会社名を申込書に記載するようなことです。

しかし、こんなことをしても全くの無駄です。多くの人が知っているとおり、会社には在籍確認の電話がかかってきます。電話を受けた時点でその人がその会社に籍を置いていなければ即座に審査落ちです。

ですが、悪いことを考える人というのは世の中にいるものです。例えば、実在する会社名を書いた上で、電話番号のみ自分に都合のよいものを書いたらどうなるのでしょうか。

極端な話、自宅の電話番号です。在籍確認の電話がかかる頃合を見計らって自宅に滞在し、その電話を自分で取れるようしようとする意図です。

これがうまく行けば、たとえ無職の人であっても審査は簡単にクリアできるように思えます。

しかしそんなにうまい話などあるわけがありません。少なくともそれなりの会社の場合、電話番号など調べればすぐに分かってしまいます。

代表番号以外に番号があったとしても、市内局番の違いなどでそれは明白です。

虚偽申告は絶対にするべきではありません。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top