借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

フリーターが生活できなくなったら借入を申し込む

高校や大学を卒業後、親元を離れて一人暮らしをしながら働き、生活しているフリーターの方は少なくありません。

実家暮らしのときとは違って、家賃や光熱費、食費などの生活費をすべて自分一人の力で何とかしなければならないので、お金を使うときはきちんと計画を立てる必要があります。

しかしそれでも急な出費が続いて、自分の力ではどうしようもなくなった場合は、消費者金融から借入するようにしましょう。

フリーターの収入は限られていて、一般の会社員のように多額のボーナスはもらえないので、急な出費が必要になったときは困ってしまうでしょう。

愛用のバイクや電化製品が突然故障し、買い換えが必要になった場合は、お金が貯まるまで待てないでしょうから、そんなときは借入をするようにしてください。

フリーターが申し込んでも、借入の審査に受かるのかが気になる方もあるでしょうが、20歳以上~65歳前後の安定した収入のある人なら、大抵のローン会社で借入できるので、心配することはありません。

ただし利用限度額はそれほど多くはないので、100万円単位の多額の融資を受けることは不可能です。

消費者金融には総量規制のルールがあるので、年収100万円のフリーターが借りられるのは30万円程度になります。

あまり多くのお金を一度に借りると、途中で返済に行き詰る可能性があるので、借りるときは数万円程度にして、全額返済してから、困ったときにまた借りることをおすすめします。

そうすれば返済計画が立てやすくなり、途中で返せなくなることもないので、楽な気持ちで生活出来るようになります。複数社から借りるのも出来るだけ避け、一社のみに絞って利用するようにしましょう。

複数社から借りると、返済の総額がわかりにくくなるので、ゴールが見えにくくなりますし、返済期日もばらばらなので、うっかりして、返し忘れることもあります。

返済期日が過ぎると、遅延損害金を請求されるので、返済を長引かせたくないなら、複数社を利用するのは避けるようにしてください。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top