借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入をする場合の過払い処理について

消費者金融等から借入し、過去に返済を払い過ぎてしまった行為に過払いがあります。

この場合、利用者には過払い金を請求する権利が生じることになり、平成18年の最高裁による過払い金を認める判決が下されたことを皮切りに、その後、全国において過払い金請求事件として、各裁判所への提訴が行われています。

請求の多くは貸し手側の瑕疵、つまり利用者の要求がほとんど認められ、法的に処理をしたとしても何ら問題はありません。

一方、なかなか請求に踏み出せない人もおり、その大きな理由として、個人信用情報にマイナス内容が登録されるのではないかという不安があります。

確かに以前は、クレジットカードが使えなくなったり、登録をされることで新たなローンは組めないなどの問題がありましたが、ここで適用されていた「契約の見直し」情報の登録は、平成22年に廃止されており、以後、個人情報に無いナス内容が登録されないことになっています。

過払金請求では、ケースによっては、例外的に信用情報機関に登録される場合があることも理解しておく必要があります。

まず、1つ目に、債務が残っている状態で請求をし、予想に反して過払い金になっていなかったというケースがあります。

具体的には、利息制限法による引き直し計算をした結果、債務は減少したものの、残債務が残った場合が該当します。この場合には約5年間にわたり、信用情報機関に登録されることになります。

2つ目には、1つ目同様に請求をし、過払いになっていたとしても一時的に登録が行われてしまうケースがあります。

一時、債務整理の登録が行われることが理由にあり、この場合には、過払い返還の合意ができた段階で抹消されることになります。

登録のリスクを全く受けない方法は、唯一、借入完済後に行うことがあります。

過払い請求が可能である時効には注意が必要になりますが、完全に債務が無い状態で行うために、100%登録されることはありません。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top