借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入と遅延損害金について

借入をしたお金は決められた期日までに返済しなければなりません。これを越えてしまうと、遅延損害金というお金が発生してしまいます。いわば、相手に損害を与えたのでその分の埋め合わせをすることが求められるということです。

最近では、カードローンなどで借入したお金の返済は、残高スライド式リボルビング払いという方式で返済することが多いでしょう。

この方式の詳しい説明は省きますが、借入金額を一括して返済するのではなく、ある決まった方法で月々分割して返済する方式となっています。月々の返済日、返済金額というのは予め決められています。

もし、この返済日までにその返済金額を返済できないと、遅延損害金が発生してしまいます。

どれくらいの金額なのかというと、利率として決められています。普通、消費者金融などから融資を受けた場合の利率は18%程度であることが多いでしょう。

これは法律で上限が決められていて、10万円から100万円までのお金を借りたときの利率の上限が18%とされているのです。

あくまで上限であって、より低い利率を定めるのはその金融機関の自由なのですが、実態としてはほぼ上限ぎりぎりの数字になっているのです。

ところが返済が遅れた場合の遅延損害金については18%が上限ではありません。20%が上限となります。同様に、実態としては上限ぎりぎりの数字になっていることがほとんどです。

つまり、通常よりも高い利率が日割り計算でかかるということですから、注意しておく必要があります。

なお、銀行口座からの自動引き落としで返済している人は、返済日の前日までに口座に必要残高を確保しておくようにしましょう。

当日になってからでは引き落としに間に合わないことがあります。

もちろん、口座からの自動引き落としではなくてATMを利用して現金を返済している人は、返済日当日中であれば遅延損害金は発生しないということになります。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top