借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入金は毎月の返済額を十分考慮することが大切

金融機関へ申請書や事業計画、資金使途明細書、返済計画書などの必要書類を提出し、念願かなって借入金を調達できたとしても、それで安心するのは危険です。借りたお金は当然のことながら返済する必要があります。

〇カ月は返済が据え置かれている場合はともかく、通常は、翌月から毎月の決まった返済を行う必要があります。

そのために返済計画書を提出しているのであり、返済を怠ったり遅延するなどした場合は、遅延損害金が発生し、余計な支払いを余儀なくされる場合が往々にしてあります。

借入の目的が、設備投資などの投資資金の場合、生産量・受注量が増えることによって、経営が良くなることが予想されます。しかし、資金繰りに窮し、運転資金の借入を受けた場合は、特に融資後の資金繰りの状況に目を向けなければなりません。

場合によっては、運転資金がさらに枯渇し、新たな運転資金が必要となる場合が見受けられるからです。

こうなってきますと、借金が雪だるま式に増えていき、銀行や信用金庫の信用力を失い、消費者金融やビジネスカードなどの高金利な金融商品に手を染めていくケースが、多く見られるのが実態です。

その場合、先ずは、専門家に依頼をかけ、企業内部の財務状況を第三者の目から的確に判断してもらうことが、何よりも優先されます。

通常の経営をしていて、運転資金の融資を受けても、その直後に資金繰りがまた元の状態に戻ってしまうということは、経営内部に問題をはらんでいるとしか考えられません。

その原因を突き止め、出血を止めない限り、いくら借入と言う名の輸血をしても、何ら効果は得られないと考えられます。そのためにも、専門家の力が必要なのです。

専門家の診断を仰げば、ムダな生産、過剰在庫、多大な人員数など、問題点が浮き彫りになってきます。その問題点を解消するのが経営陣の務めであり、経営者の能力と言っても過言ではありません。

せっかくの金融機関からの借入です。慎重に、そして大切に扱い、企業の信用力をなくすことのないよう心がけたいものです。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top