借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入れで延滞をするリスク

借入れをしたら当然、返済があります。しかし、ただお金を返せばいいというわけではなく、毎月の返済日と返済額を守らなくてはいけません。これが守れなかった場合、つまり返済の延滞をすると契約違反として遅延損害金の支払いが発生します。

遅延損害金は遅延利息や延滞利息と呼ばれることもあります。返済日から計算して支払いが遅れた日数分だけ支払うことになるため、通常の利息とは別に発生するものであり、延滞日数が長くなるほど損害金額を多く負担しなければならなくなるでしょう。

では、実際にどのくらいの遅延損害金が発生するのかが気になるところです。遅延損害金利率は、貸金業者や金融機関から貸付を受けた場合は一律年利20%が上限です。

消費者金融の場合は最大の年20%で設定しているケースが多く、銀行は年14%~20%の間で設定しているケースが多くなっています。

銀行は通常の金利も低めなので、利息の負担を抑えたいと思うのなら銀行からお金を借りた方がお得です。

ただ、利息だけを考えるなら銀行ですが、消費者金融は審査が銀行ほど厳しくないため比較的お金を借りやすいという特徴があり、一概にどちらがおすすめとは言えません。自分の状況から好みを選びましょう。

遅延損害金の計算式は、「元金残高×遅延損害金率÷365×延滞日数」で出せます。

例えば元金10万円、遅延損害金率20%、延滞日数10日のケースなら「10万円×20%÷365×10日」となり、約547円の遅延損害金が発生することになります。利率の影響よりも元金残高や延滞日数によって遅延損害金が大きく変わるので、返済に遅れたことに気づいたら早めに返しましょう。

また、延滞も3か月以上続くと現在の借り入れや今後の借入れ審査に影響してきてしまいます。借入れは信用が第一です。お金を借りる前の信用は年収などで判断されますが、お金を借りてからの信用は返済状況ですので、無理ない借入れをして正しく返していきましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top