借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入れができる年齢とは

借入れは返済の関係上、年齢制限があります。満20歳~65歳くらいまでが一般的ですが、各社で制限を設けている年齢は変わるので一概には言えません。

年齢制限の理由としては、第一に返済能力の有無、第二に責任能力の有無が問われるためです。当たり前のことですが、お金を借りたら利息を付けて返済をしていかなくてはいけません。

しかし、年齢が若すぎたり、年を取りすぎたりしていると収入がない又は少ないので返済できる可能性は低くなります。営利目的の貸金は事前事業ではないので、返済リスクが高い人には初めからお金を貸すことはできません。

もちろん規定年齢の範囲の方でも収入がなければ借りることはできないでしょう。そして、未成年者は法律上保護される対象なので責任能力に関して問題が多くあります。そのため働いて収入がある場合でも未成年者がお金を借りることは難しいでしょう。

ただ、先述したように年齢制限は各社で変わるので未成年者や定年退職者でもお金を借りることができないわけではありません。

未成年では18歳(高校生不可)からならお金を借りることもできます。責任能力に関しては、保護者の同意を得て契約をすることでクリアできます。

契約時に保護者の同意を求められなかった場合は、契約の取り消し手続きを取り返済しなくてもいいとした制度があるため、こうしたリスクを避けるために正規の業者では必ず同意書の提出を求めます。子供が同意書を偽造して提出した場合は契約の取り消しは認められません。

また、未成年者でも既婚者は成人と同様と判断されるため親の同意は必要ありませんが、もしもの時は責任は自分で負うことになります。

定年退職をするとお金を借りるのは非常に難しくなりますが、年金などの不労所得を収入とみなしてもらうことで借りることもできます。ただ、収入は著しく減るので家賃収入などの大きな不労所得がない限りはお金を借りるのを控えた方がいいでしょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top