借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入審査で重要となる信用情報とはどのようなものなのか?

私たちの暮らす毎日は常に出費が付きまとい、計画的に収入と支出のバランスを取っていかなければすぐに傾いて、手元の財布や銀行の預金残高が底をついてしまいます。そんな状態でもなお大切な出費の機会は相次いで舞い込んでくるものです。

そういった時には銀行や消費者金融にて借入手続きをとることによって手軽に融資金を得ると良いでしょう。

これらの金融機関による融資には様々なサービスがありますが、保証人や担保を立てることなくあくまで自己責任にて契約手続きを行いたいのであればカードローンやキャッシングといった手法が最適です。

カードローンでは個人カードを発行手続きするだけで、お金の不足に苛まれた時にはカードを持って近場のATMに駆けつけるだけで融資金を引き出すことができます。また、キャッシングはインターネットや電話などから融資を申し込んで、希望額を銀行口座に一括入金してもらうことが可能です。

ただし、これらの借入を行うにあたっては然るべき審査を通過しなければなりません。

審査ではまず申請フォームに記載された氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、年収、希望借入額、家族構成、賃貸か持ち家か、といった必要事項に虚偽や誤りがないかを精査した上で、信用情報機関への照会を通じて過去の借入履歴や現時点での他社からの借入総額などを全てつぶさにチェックします。

もしもこれらで基準に引っかかるものがあればその時点で融資が困難になりますが、特に過去に返済が遅れたり、滞ったり、法的手続きを講じたことがあると審査落ちする可能性が高まります。

また、他社からの借入がすでに総量規制を上回っている状態であれば、それ以上の借入を行うことは難しくなります。ですがこの場合でも銀行のカードローンやキャッシングであれば総量規制対象外のため融資を受けることが可能な場合もあります。

さらに信用情報としては銀行や消費者金融への申請回数や審査落ちした回数なども全てわかるようになっていますので、あまりむやみやたらに申し込みと審査落ちを繰り返しているとその履歴が信用度を著しく損なうこともあるので注意が必要です。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top