借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入審査では、家のローンが影響する?

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングの借入審査では、家のローンも影響します。しかし、家のローンがある人は、マイホームに住んでいるということなので、引っ越しをして連絡がつかなくなるリスクなどが低く、むしろ有利になることも多いようです。

家のローンがあっても、それが無理のある負担でないならば、それほど悪い影響はないでしょう。実家暮らしの人や、ローンを完済しているマイホームに住んでいる人に比べると不利になりますが、賃貸に住んでいる人と比べると有利になるという意見が多いです。

例えば、家のローンの負担が月々10万円だったとします。しかし、マイホームに住んでいるので、家賃はかかりません。家賃が10万円のマンションに住んでいる人と比べて、生活費の負担が大きいということはありません。

また、家賃は払い捨てになりますが、住宅ローンは完済すると家が完全に自分の資産になります。その意味でも、賃貸に住んでいる人に比べると有利になる傾向があります。

結論として、家のローンがあるからといって、カードローンやキャッシングの審査で不利になるということを心配する必要はそれほどありません。逆に、カードローンがキャッシングの借入がある人が住宅ローンに申し込みをした時には、大きく影響してしまうこともあるので注意しておきましょう。

カードローンを利用していても年収に余裕がある人ならば住宅ローンを借りられる可能性も高いですが、消費者金融からの借入のように金利が高いところから借りていると、信用に不安があるのではないかと疑われる原因になります。

住宅ローンを借りている人は、まずは同じ銀行のカードローンが利用できないかを検討してみましょう。すでに住宅ローンを利用しているなら、信用があるので、借入審査で有利になるでしょう。

また、住宅ローンを借りていたり、給料の振込口座に指定をしていると、優遇金利が受けられることもあります。地方銀行などでは、取引が多い人ほど優遇される傾向があるので、1つの銀行の商品を頻繁に利用をするように意識しておくのが良いかもしれません。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top