借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

アプリでお金の借入れの申し込みができる

近頃は、カードローンのサービスが身近になってきていて、パソコンを持っていなくても、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末からでもアプリをダウンロードして、そのアプリを使って、お金の借入れを申し込むことができるようになっています。

このようなサービスは、カードローンのサービスだけを専門的に取り扱っている消費者金融のサービスであることが多く、教育資金など、ある程度まとまった金額を借入れするのには、あまり適していません。

教育資金を借入れたいときには、銀行などの金融機関が提供している教育ローンなどを利用するのが現実的な方法となります。教育ローンを提供している金融機関によっては担保を設定する必要がない教育ローンと、担保を設定する必要がある教育ローンがあります。

担保を設定する必要がある教育ローンの方が貸し倒れのリスクが少ないので、金利が安くなっています。そして、金利が固定されている教育ローンと、金利が変動する教育ローンを選択することができるようになっています。

また、教育ローンを提供する金融機関によって、借入れしている金額などに応じて金利を安くしてくれるサービスが提供されていたり、親子リレー返済と呼ばれるものもあり、教育を受けていた子供の方が卒業して仕事に就いたら借入れしていた、お金を子供の親から子供の方に引き継いで返済していくことができるプランも用意されています。

民営の金融機関が提供している教育ローンは、入学シーズンの頃に金利を安くするキャンペーンが実施されるというのも特徴の一つとなります。

公的な組織が提供している教育ローンは、高校生以上の子供でないと対象として扱われませんが、民営の金融機関が提供する教育ローンは、幼稚園に子供が入園するタイミングから対象になっている教育ローンもあります。 金利や、教育ローンの対象になっている人が満たす必要がある条件などについては金融機関によって異なるため、幾つかの候補となる金融機関を挙げて

比べてみるのが一つの方法になります。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top