借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

銀行での借入は安定収入があることが求められます

銀行や消費者金融でお金の借入をする時は、まず収入があることが必要条件です。この場合、銀行と消費者金融では多少の違いがあり、銀行の方が厳しくなります。銀行の場合は、特に正社員、あるいは公務員といった、安定した収入がある人が優先されます。

また勤続年数、本人名義の不動産の有無などが、審査基準に加えられることもあります。一方消費者金融の方は、パートとかアルバイトといった人でも、申込ができます、安定収入であるか否かは、銀行ほどは厳しくありません。

その代わり、銀行では金利が低めで、14パーセント止まりです。それに対して消費者金融は、金利が高めで、上限20パーセントです。銀行は安定収入が必要で、金利は低い、消費者金融は安定収入でなくても借入ができるけど、金利は高いと覚えておくといいでしょう。

ただし最近は消費者金融でも、金利の上限を引き下げて、17パーセントほどでお金を貸す所も多くなっているため、以前に比べると利用しやすくなっているといえます。

それから、消費者金融を利用する場合は、総量規制にも気をつけておきましょう。これは、現行の貸金業法から盛り込まれたもので、年収の3分の1に当たる金額を消費者金融で借入れている場合は、それ以上消費者金融で申込むことができなくなります。

それでもお金を借りたい時には、総量規制の対象外の業者を利用する、あるいは、貸金業法が適用されない銀行を利用するかのいずれかになります。

もちろん審査では、収入だけではなく、個人の信用情報も照会されます。安定した収入があっても、仮にローンの滞納とか債務整理の情報があると、借入はほぼ不可能になります。こういった情報は5年間、場合によっては10年間登録されることになります。

また滞納をしたり、債務整理の対象になったりした金融機関は、その後申込んだとしても、審査に通ることが難しくなりますので、過去にそういう経験がある人が借入をする時は、そういう点にも気をつけるようにしましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top