借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

教育資金を保証会社の審査を受けて借入れる

大学などに入学するときには高額な資金を調達する必要がありますので、奨学金や、教育ローンを活用する方も少なくありません。

教育ローンには国の金融機関の日本政策金融公庫がお金を貸し出す場合と、銀行や、信用金庫などといった民間の金融機関がお金を貸し出す場合に分類することができます。

いずれにしても、貸し出したお金の用途が教育にまつわる費用に限定されているということが特徴として挙げられます。また、ある程度の学費をサポートしてくれる制度として奨学金も挙げることができます。

奨学金は、学生がお金の借入をして、学生が卒業してから返済してくのに対し、教育ローンの方は、学生の親がお金の借入れをして、保護者が返済していくというものになります。

/銀行が提供する教育ローンの場合は、銀行が指定する保証会社が審査を行い、その審査を通過して初めて、お金を借入することができるようになります。

奨学金の中には第一種奨学金と呼ばれている利息が発生しない奨学金もあります。特に優秀な学生で、金銭的な理由で修学することが非常に難しい方に対して、お金を貸し出してくれます。

第一種奨学金とは別に、第二種奨学金と呼ばれている利息が発生する奨学金もあります。第二種奨学金に申し込みの手続きをするときには、利率見直し方式か、利率固定方式のどちらかを選ぶことになります。

そして、利率見直し方式を選んだとしても、利率固定方式を選んだとしても発生する利率は年に3.0パーセントまでとなっています。第二種奨学金については選考基準が第一種奨学金より緩やかとなっています。

奨学金を利用している学生は、卒業するまでの期間毎月決まった金額のお金を給付されて、無事に卒業できてから返済していくことになります。

教育費を借入れる方法としては、まず初めに奨学金を利用して借入れることができるかどうかを検討してみて、難しいようであれば公的な教育ローンで教育資金を借入れることを検討してみて、それも難しいときは民間の教育ローンで借入れること検討してみると利息を必要最低限に抑えることができます。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top