借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入をファイナンスの観点から考える

ファイナンスとは、一般消費者や企業などが、銀行や消費者金融などの金融機関から資金を借入れ、それを運用して利益を上げ、再びそれを運用する流れをいいます。この事からわかる通り、金融機関からの借入はファイナンスのスタート地点といえ、その後運用するための意思決定になります。

そのため、いくら借入をして、それをいくら運用に回せば利益を得られるかを考えることが、ファイナンスにとって非常に重要な考えになります。では、個人の企業それぞれについて具体的に考えていきましょう。

まずは、一般消費者の個人についてです。一般消費者が借入を行う理由としては、急な出費や支払いなどに備えることや、子育てや退職後の資金を資産運用によって形成するためなどが挙げられます。

この場合、ファイナンスに関して素人同然の消費者は、融資担当者やファイナンシャルプランナーなどの、ライフプランニングのプロと一緒に運用を考えていくことになるでしょう。

このようにして、いくら借入を行うことによって、将来における資金を十分に作れるかを把握していくことになります。

次に、企業におけるファイナンスです。企業は一般の消費者よりも多額の資金を必要とする場合があるので、より慎重に借入を行う必要があります。

基本的には企業内の経理担当や、財務政策担当の人が借入や運用の方針を決めますが、場合によっては一般の消費者と同じように、金融機関の融資担当者やファイナンシャルプランナーなどのプロと話し合うこともあります。

また、企業におけるファイナンスでは、将来の収益と費用の正味額(将来キャッシュフロー)のみならず、時間価値も考慮する必要があるので、ファイナンスの意思決定はより高度な知識と経験が必要となります。

言い換えれば、こうした企業の財務政策を適切に実施することができれば、企業の財務状態を安定化させることにも繋がるでしょう。

一般消費者も企業も、借入を行ってくれる金融機関との信頼関係が重要となります。そのため、良い関係を築きながら、その中で適切なファイナンスの意思決定を行うことが大切です。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top