借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入に際しては総量規制という制限があります

お金の借入を考えている場合、総量規制のことを知っておく必要があります。2010年6月に、「貸金業法」の内容が抜本的に変わりました。そのときに取り入れられた決まりが、総量規制なのです。

簡単に言いますと、「年収の三分の一の範囲内でしか、貸金業者から借入を受けることができない」という内容のものなのです。ただし、総量規制の対象は、貸金業者だけなのです。具体的には、消費者金融、クレジット会社、信販会社が対象とされています。

ちなみに、銀行は対象外とされていますので、借入を申し込んできた人の年収にかかわらず、融資をすることが認められています。ですから、収入が全くない専業主婦であれば、配偶者の同意書がないことには、貸金業者からは借入ができません。

そもそも、この総量規制が導入された経緯としては、金融業者からの借金が過大となり、返済が不可能となって、自殺や夜逃げといった事件が頻発したことへの反省があります。

借入への規制がない時代は、30%近いグレーゾーン金利が横行していましたので、悲劇が各所で見られたのです。こういった事態の防止のために、各種の施策が検討された結果、法律を改正して、借入の総額を年収の三分の一以下に制限し、なおかつ、金利の上限も引き下げられることとなりました。

ポイントとしては、年収の三分の一までであれば、無理なく返済できる範囲であるとの判断に基づくものです。年収の三分の一という制限が課されることで、借り過ぎにも歯止めがかかってきます。こういった制限がなければ、手元にお金が少なくなってくると、安易に借りてしまうものなのです。

そこで、総量規制を取り入れることで、法によって上限額が定められたという経過があります。もちろん、総量規制とは、読んで字のごとく、個人に対する借入の総額を規制しているものなのです。個人が複数の消費者金融と契約していても、そのトータルの金額をによって規制がかけられるのです。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top