借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

信販会社からの借入は難しいか

信販会社は、クレジットカードの発行や、家電やエステなどの分割払いのサービスをしている会社です。信販会社でもカードローンや不動産関連のローン、おまとめローン等の借入を提供していることがあります。

消費者金融と同様に貸金業に当たりますが、銀行に次いで審査が厳しくなると見られていて、パートやアルバイト勤務の方の場合は、申し込み対象となっていても、収入によっては審査に落とされる可能性があります。

信販会社のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠については、消費者金融のカードローンと同じように総量規制の適用を受けるため、全て借入額を合算して収入の3分の1以内の限度額までしか借りられません。

個人事業者や法人の経営者向けに事業者用のビジネスカードローンも用意されていることがあり、総量規制の適用外のため、3分の1を超える限度額が認められることもあります。

その代わり、確定申告書と決算書や内訳書を2期分用意する必要がありますし、事業概況や資金繰り計画書なども作成して提出するように求められる場合があります。

事業を始めて2年に満たない経営者の場合は、個人向けのカードローンに申し込まなくてはいけませんが、会社員よりも信用度が落ちるために確定申告書の提出が必須となりますし、収入や信用情報の内容によっては、審査結果が厳しいこともあるでしょう。

信販会社では、住宅ローンやリフォームローン、投資物件用の不動産ローンも扱っている場合があります。銀行での審査に通らなかった方も、通過することがあります。

金利が高めになることも予想されますが、繰り上げ返済などの手数料が軽減されることもあり、銀行よりも柔軟に対応できることがあります。総量規制対象外のおまとめローンにも対応でき、複数の借金をまとめられ、月々の支払額の負担や総支払額を軽くできることがあります。

借入が決まると同時に信販会社側から振込手続きができる所もあり、他の用途で使ってしまう心配がありません。ただし、借入額が多い場合には、会社によっては、家族にも話をして返済計画を立てることがありますので、家族に内緒で利用するのは難しい場合があります。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top