借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入と貯金との関係

消費者金融などで借入をしたいという場合、基本的な条件は2つです。まずは年齢が20歳以上であること、そして安定した収入があることです。年齢の点は基準が明確で、誤解を生じたりする余地はないでしょうが、安定した収入というのはなかなか分かりにくいかもしれません。

一例として、現在とくに仕事をしているわけではないけれども、自分のこれまでの貯金を取り崩しながら生活をしているという人はどうなるのでしょうか。とりあえず貯金はあるけれども、ちょっと心許ないのである程度でも借入をし、生活向上を図りたいといったケースです。

答えを先に言いますと、このような人は借入をすることができません。つまり、貯金は安定した収入とは見なされないわけです。もっと言えば、安定どころか収入そのものと見なされません。

つまり、貯金がいくらある人であっても、それでは消費者金融でカードローンの借入をすることはできないということになります。

ここで言う収入とは、私たちが普通に考えるような、生活の糧となるお金を何らかの方法で得ることという意味とは少し異なります。仕事をして得られるものに限定されるのです。

つまり、貯金を取り崩すことは当てはまりませんし、他の例を挙げれば、例えば親などからもらう小遣い、家族からもらう仕送りなどは該当しません。あくまで自分が仕事をして得ているお金である必要があるのです。

その意味では、例えば仮に単身赴任者が家族からお金を送金してもらっているとしても、そのお金の出所は自分自身が稼いだお金であるという場合は問題ありません。それを元に借入をすることができます。

消費者金融などの立場から言えば、貯金があってそれを取り崩して生活しているような人は、そもそも借入などする必要がないのではありませんかということです。

貯金があるうちはそれを使えばよいだけでわざわざ他人様から借りる必要性がなく、かつ貯金が底をついた後は今度は返済のあてがないのではありませんかというわけです。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top