借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

フリーランスの借入について

フリーランスの人であっても借入をすることは可能ではありますが、現実的にはなかなか厳しいハードルが立ちはだかるでしょう。

まず求められるのは収入を証明する書類です。会社員の人であれば源泉徴収票に相当するものですが、フリーランスの人はその定義から言って源泉徴収票は発行されていないはずですから、例えば納税証明書など、自分の年収は一体いくらなのかということを証明する書類の提出が求められます。

これを用意できないフリーランスの人は借入にあたってかなり厳しい結果になることが予想されます。もし、今の時点ではとくに借入の予定や必要はないけれども、いずれそういうことになる可能性もあるというような人は、普段からこのことをしっかりと意識しておいたほうが良いかもしれません。

どうしてこういうことになるかというと、会社員や公務員の場合、たとえ派遣社員などであっても、勤め先を確実に把握した時点で最低限どれくらいの年収があるかということは想像がつきます。

確かに今は働き方も多様化し、また景気も決してよいとはいえない時代が続いていますが、それでも最低賃金という取り決めもあり、フルタイムつまり1日8時間、週に40時間、年に1800時間程度働いている人であれば、最低でも200万円程度の年収にはなるはずです。

これは本当にアルバイト程度の仕事であってもこれくらいの年収にはなるはずで、正社員はもちろん、曲がりなりにも派遣社員くらいの地位があれば、少なくとも300万円前後には達していることが多いでしょう。

つまり、お金を貸すほうとしては、少なくとも200万円から300万円程度の年収はあることを期待できるわけです。

ところがフリーランスの場合はこのような最低ラインとでも言うべきものが全くありません。自称フリーランスの人の中には年収ゼロとかほぼゼロという人もいるかもしれませんし、そういう人はフリーランスを名乗ってはいけないという決まりなどないのです。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top