借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

緊急の資金借入はビジネスローンの利用を

ご自身で会社を経営している方、あるいは、個人事業を営んでいる方はご存じと思いますが、事業を行っていく上で常に念頭に置いておくべきことは、資金の確保です。

会社資産としてどんなに土地や建物などを所有していたとしても、キャッシュ(流動性資産)がないと事業が行き詰まってしまいます。

例えば、取引先へ仕入れ金の支払いを行う期日に資金が足りず、振り込みができなかったら、取引先の信用を失ってしまいます。ビジネスは会社間の信用で成り立つことから、今後は取引をしてくれなくなるおそれがあります。

また、運転資金が枯渇すると社員の給料も払えなくなるおそれもあります。こうなると、会社を支えてくれるべき社員のモチベーションや忠誠心が低下し、組織として成り立たなくなってしまいますね。

このように運転資金が枯渇する前に早めの資金調達を行うことが重要です。しかし、突然、資金調達のため銀行から融資を受けようとしても、規模の小さい中小企業や個人事業主では、銀行もなかなか相手してくれません。

そこで、緊急の資金調達に困ったときには、ビジネスローンで借入を行うことを検討してみましょう。ビジネスローンは、法人や個人事業主の事業資金調達に特化したローンであり、借り入れたお金を私的な用途に使用することは認められません。ビジネスローンの契約には、現在事業を行っていることを示す証明が必要です。

しかし、それ以外の要件には特に厳しいものはなく、契約時に行われるローン審査で落とされることはそうありません。また、審査結果も大抵は、契約を申し込んだその日のうちに通知されます。

従って、ビジネスローンの申込当日に借入を行うことも可能となり、運転資金がショートしそうな緊急時にも速やかに対応できます。ただし、ビジネスローンの金利は、銀行融資の金利よりも高めに設定されていることが多いですので、借入期間が長期間になると利息負担が重くなります。

資金に余裕ができた段階で早めに返済するとともに、銀行などからの低金利での長期間借入を別途検討しておくべきでしょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top