借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

友人に借金するよりカードローンで借入

給料日前に金欠で困った時には、友人に3000円貸してとか、5000円貸してと言えば、貸してもらうことはできるでしょう。しかしそれも一度や二度であれば貸してもらうことが出来たとしても、たびたび繰り返していれば、怒りをかって人間関係が来れてしまうことになればその後の人生に多大な影響が出ます。

数千円の借金が原因で今まで築き上げた友人関係にひびが入るようなことになっては、せっかくの友情が台無しになってしまいます。数千円であれば無理に友人に借りなくても、カードローンで借入をすることもできますのでそちらの方がいいでしょう。

しかし友人に借りた場合には無利子で貸してくれていたものが、カードローンとなると、利子がついてしまうので借りたくないと思うかもしれません。確かに返済期間が長くなったり、借りる金額が多くなったりすれば、その分利子も増えていく事になりますので、カードローンは利用したくないと思うのも当然です。

利子が気になるのであれば、一定期間を無利息で貸している借入を利用するといいでしょう。一定期間内に返済する場合には、無利息で貸してもらうことが出来ますので、これ以上お得なことはありません。

一週間以内の返済で無利息ということであれば、それで返せるときには、友人に借りる必要がありません。友人に借りるとなればもめる原因にもなりますが、無利息のカードローンであれば、誰にも迷惑をかけませんし、気楽な気持ちで借りることが出来るでしょう。

しかしそれも癖になり過ぎてもいけませんので、借入をするときには借金をしているのだという気持ちを持っておかなくてはなりません。借金をしているという気持ちを持つことが出来なければ、借りるのが当たり前の生活になってしまいますし、少しくらいなら利子がかかってもいいという気持ちに変わってしまうこともあります。

利子がかからない範囲で借りるのを基本とし、必要な分だけを借りるようにしておけば、正しい利用が出来るでしょう。無利息のカードローンはほとんどのところで初めての利用に限定されていますので注意しましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top