借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

ATMを利用した借入の手続き

カードローンやクレジットカードのキャッシングの場合、ATMを利用して借入をする方法が一般的でしょう。金融機関の直営や、コンビニや駅、スーパーなどの提携のATMから、預金から現金を引き出すのと同様の感覚で手続きできます。

直営であれば無料ですが、提携の場合は手数料が有料となるカードローンもありますので注意してください。引き出す金額によって、100円台~200円台程度の手数料となることがほとんどです。

営業時間外の手数料については、消費者金融やクレジットカード会社ではほぼかからない所が多いですが、銀行の場合はかかる所とかからない所があります。手数料については、ATMからは硬貨が支払えないことがありますので、期日返済の時に支払いをすることになるでしょう。

直営も提携も手続きの仕方はほぼ同じで、カードを入れると専用の画面の表示がされます。銀行のカードローンの場合は、入金や出金のボタンがありますが、預金口座の入出金になりますので、借入の際は選択しないようにしてください。カードローンか借入のボタンを選択し、暗証番号と借入したい金額を入力してお金を引き出します。

消費者金融の借入も同様ですが、利用残高を照会できるボタンもあります。利用限度額まで余裕があるか確認したい場合は、事前に見てからお金を引き出すといいでしょう。クレジットカードのキャッシングの場合も、同様にATMを利用できます。

カードローンと同じように手数料がかかる場合がありますので気をつけましょう。借入手続きをした後には、明細書が発行されます。後で間違いがあるといけませんので、厳重に保管するようにしましょう。

コンビニのATMで利用する場合に、同じコンビニでも、店舗や地域によってATMの管轄の銀行に違いがある場合があります。管轄する銀行により、対応できる提携の金融機関が違うことがありますので、事前にコンビニや金融機関のホームページを見てから、自分の借入したい所に対応しているか確認をするようにしてください。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top