借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

キャッシュカードに借入限度額を設定するメリットとデメリット

キャッシュカードに借入限度額を設定すると、出費を抑えられる、落としても悪用される心配がないなどがメリットです。浪費癖がある人がキャッシュカードを持つと、あちこちで買い物をすることから、使い過ぎてしまうのはよくある話です。

ですが借入限度額を設定してあると、その月の使用額が決まっているため、出費を抑える効果が期待できます。低く値段を設定しておくと、預金口座からお金が減らなくなるだけでなく、浪費癖を治すきっかけに結びつきます。

スーパーで食品を買うのは自身で決めてもいいですが、ある程度のお金が必要な買い物は、家族で相談するようにしたほうが無難です。あと、キャッシュカードを落とした場合は、誰かが拾えば悪用する可能性があります。

ですが、借入限度額が設定済みなため、高額な買い物をするのは無理に近いです。高額な買い物をした際にカードを出した時は、機械が読み込まないだけでなく、カードを使おうとした履歴が残ります。そして拾ったカードを使ったことが判明するので、借入限度額を設定しておくと、色々な面で役立つと言えます。

デメリットは設定した金額が低すぎると買い物に使えない、カードの存在を知ると家族が心配するなどです。

借入限度額を1万円に設定しておくと、その金額より上の価格の商品を買うのは無理です。ただ、スーパーやドラッグストアでの買い物には困らないです。灯油も問題なく購入できるため、日用品を入手するためなら特に問題ありません。

また、カードを持っていることを家族が知ると、心配をする可能性が高いです。心配をするのは浪費する癖があると見られているのが理由です。それにキャッシュカードで失敗する人の話は時々出てくるので、無理もないことです。

なので、借入限度額があることを丁寧に教えれば、家族が安心してくれます。言葉で説明するのが難しい場合は、紙に書き込みながら教えれば納得するはずです。そして大人になったねと言って、褒めてくれる結果につながります。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top