借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入は住宅ローンを意識する

カードローンやキャッシングで借入をするときには、住宅ローンを意識しておきましょう。住宅ローンの審査では、消費者金融からの借入が影響することがあります。住宅ローンを借りようとしているときに、消費者金融から借りているというケースはほとんどないかと思われますが、もしも残高がある場合には、優先的に返済をしておきましょう。頭金を減らしてでも、消費者金融からの借金は完済をして、解約をしておくことが重要です。

過去に消費者金融を利用していた場合にも、銀行からのイメージが悪くなるケースもあります。消費者金融は昔ほど悪いイメージはないので、ただ利用をしていただけで、延滞をしていないのであれば、それほど不利にはならないという意見が多数派です。しかし、多少でも影響してしまう可能性があるので、なるべく住宅ローンに申し込む5年前からは消費者金融は利用をしないようにしておきましょう。銀行カードローンを1枚作っておき、いざというときの出費に備えるのがよいでしょう。

カードローンの金利は、銀行カードローンであっても14%程度になることが多いです。それに対して、住宅ローンの金利は1%~3%とかなり低く設定されています。住宅ローンは繰り上げ返済ができますが、手持ちのお金をすべて繰り上げ返済にまわしてしまうということはないようにしておきましょう。手持ちのお金として、最低でも200万円程度は残しておくことが理想です。もしも手持ちのお金をすべて繰り上げ返済をしてしまって、お葬式などで100万円が必要になったら、金利が高いところで100万円を借入しなければならなくなり、結果的に損をします。

住宅ローンを借りている人は、カードローンで優遇金利が受けられることもあります。手持ちのお金が十分にあるならばカードローンは必要ありませんが、手持ちのお金に不安がある人は、優遇金利のカードローンを1枚作っておき、いざというときの出費に備えましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top