借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入は一般的に何社まで可能なのか

住宅ローン、ブライダルローンなどの目的ローンに関しては、基本的に1社からの借入になるはずです。
借入先が複数になるのは目的ローンであり、主に消費者金融のキャッシングやカードローンでしょう。
1社で十分な金額を借りられないとき、複数社の申し込みをする方が多いでしょうが、具体的に何社まで可能かは金融機関が決定します。
確実に言えることはグレーゾーン金利が廃止され、総量規制が誕生したころから複数社から借りるハードルが上がったことです。
消費者金融からの融資は、原則として年収の3分の1以内に抑えられます。

150万円を借りるためには最低年収として450万円が必要であり、各社から50万円を借りる場合は3社でストップとなるでしょう。
1社目で100万円を借りた場合は、2社目は30万円、3社目は20万円といった金額になることが多いです。
借入先が増えるほど新規の融資額は減るのが普通であり、3社から借りてしまうと4社目は厳しいのが現状と言えます。

銀行のキャッシングやカードローンは総量規制の対象外ですが、何社までも際限なく借りられるわけではありません。
銀行は4社、5社も可能と考えている方もいますが、一般的には消費者金融とあまり変わらないのです。
借入先が増えるほど審査の難易度は高くなってしまうので、可能であれば一つの金融機関から目的の金額を借りたいものです。
そうすることで返済するときもシミュレーションを立てやすく、短期返済が可能となります。

低金利のキャッシングを見つけた場合は、追加で借りるのではなく一本化することも考えましょう。
借入先を増やしたくない場合は、既存のローンで増額を受ける、または低金利ローンでまとめるなどの選択肢がおすすめです。
お金を借りるときは、常に総支払い額を減らすことを意識するべきでしょう。
おまとめローンとして活用する場合は、審査で融通をきかせてくれることが多いです。
目的がおまとめと決まっているので、多目的で借りるよりも審査で有利になるのです。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top