借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

中小企業に勤めていると借入ができないって本当?

中小企業に勤めている人は金融機関からの借入が出来ないと言われる事は時折ありますが、これについてはそういったことはありません。
基本的に金融機関における借入審査は「過去に借金の問題を起こしたことがないか」と「貸付をしても完済してくれるかどうか」の二点が重要なポイントになりますから、中小企業に勤めていたとしてもこれらの点に問題が無いのならば借入できる可能性は十分にあります。
むしろ大企業に勤めているからという理由だけでどの金融機関も貸してくれるなどのことはなく、仮に一部上場の大企業に勤めていたとしても過去に債務整理や返済の滞納をしたことがあれば貸してもらえない可能性の方が高いです。

ですので中小企業に勤めているから借りられないと諦める必要は全くないと断言できます。
とは言え中小企業に勤めていることが借入審査に対して一切影響を与えないのかと言われるとそうでもなく、状況によっては不利に働く可能性があるのは事実です。
例えば勤め先の中小企業がいわゆる零細企業であり、債務者が完済する頃まで存続しているかどうかすら危ういなどのことになると、金融機関は債務者の勤め先が倒産した場合のリスクを考えなくてはなりません。
この点は倒産の心配がほとんどない一部上場の大企業や、公務員と言った立場に比べるとどうしても弱い部分だと言えるでしょう。
また中小企業に勤めている人で勤続年数も1年未満などのようになってしまうと、これも少々厳しい結果になりやすいです。

現実的に考えて大企業を自分の意思で辞める人はそこまで多くないのに対し、中小企業の場合は別の勤め先を探したいということで離職するリスクが高くなってしまいます。
申し込みをしている側にそういった意思がなかったとしても、金融機関は貸し倒れが発生しないようにさまざまなリスクを考慮しますから、勤続年数があまりにも短すぎると審査において致命的な影響が出てくる可能性もあるわけです。
ただ先にも述べたように過去に借金の問題を起こしたことがなく、勤続年数や収入の安定性にも問題が無いということであれば借入できる可能性はありますから、この点だけは誤解しないようにしてください。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top