借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

年収で借入限度額は決まるのか?

金融会社による融資の上限は、借入れる人の年収が、審査の結果に大きく影響します。とはいえ、家族構成や住宅ローンなど、年収が高くても使えるお金が少なければ限度額は抑えられてもおかしくはありません。借入限度額は特に、総量規制で制限されていますから、どんなに借りれても年収の3分の1以下となります。具体的には、年収が600万円なら200万円まで、300万円であれば100万円まで借りることが出来ます。

総量規制の対象となるのは、クレジットカードを使ったキャッシングも含まれるので注意しましょう。ただ、クレジットカードのショッピング枠に関しては対象外ですから、総量規制の適用は、純粋に現金を借入する場合に限られます。
仮に総量規制に引っかかっている借入がある時は、新たに審査を通過したり、契約を結ぶことは困難です。

しかし、銀行のカードローンは例外なので、年収の3分の1を超える借入も不可能ではありません。大切なのは、返済の約束を確実に守ることで、年収に対し無理なく借入れることです。

他にも、住宅ローンや自動車ローンは、総量規制の対象とはならず、貸金業者からの融資に当てはまらない借入です。
住宅ローンや自動車ローンの滞納に一時的にカードローンから借りて充てるのはよいですが、癖にならないようにしなければなりません。

勿論、無理な融資は返済を困難にしたり、将来的な信用を損ねる、返済の滞りを発生させる恐れがあります。
総量規制は、家計の破綻を防ぐ為に採り入れられる制度ですが、最も重要といえるのは計画性で、融資を受ける責任を持つ本人の自覚です。
自動車ローンや有価証券担保貸付、不動産担保貸付も総量規制を受けませんが、新たな融資に審査が必要な点は変わりません。

いずれにしても、無計画で無理のある返済は、今後の審査を厳しくしたり、完済の難易度を高めてしまうので、良く考えて借りることが肝心です。
収支に無理がなければ、借りられる上限を少し超えても、余裕を持って借りることが出来たり、計画的に完済する結果が実現します。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top