借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入をするときは利子の計算が重要

借入をするときに、ある意味で最も重要なのが、利子の計算です。カードローンなどを借りるときに、金利を比較する人は多いですが、実は利子は金利だけでは決まりません。

例えば、100万円を金利15%で借りて、毎月2万円ずつ返済をしていったら、完済までは79ヶ月かかり、総額で579,050円もの利子を支払うことになります。最初から、100万円を借りるためにおよそ58万円もの利子を支払うことになるとわかっていたら、借入をしていなかったのではないでしょうか。

借入をするときには、毎月いくら返済ができるか、返済期間はどのくらいに設定するのか、といったポイントについても考えて、しっかりとシミュレーションをしておかなければなりません。

同じく、100万円を金利15%で借りたケースで、毎月の返済額を5万円にしたらどうなるでしょうか。毎月5万円ずつ返済していけば、24ヶ月で完済ができ、利子の総額は157,934円になります。毎月の返済額を3万円増やすと、大きく利子の負担を減らせることがわかります。

このように、同じ金額を同じ金利で借りたケースでも、毎月いくら返済をしていくかによって、大きく結果が異なります。正社員の人ならば、ボーナスで大きな金額を返済しようと考えている人も多いですが、ボーナスは必ずもらえるものではありませんので、返済プランに組み入れてしまうことは危険です。ボーナスが出なかったケースについても、シミュレーションをしておいて、最悪のケースでは利子がどのくらいかかってしまうのかを計算しておきましょう。

もちろん、金利についても重要ですので、なるべく金利が低いところで借りるようにしましょう。50万円以下の小口融資を受けるだけならば、消費者金融で借りてもそれほど差がつかないことも多いですが、大きなお金を借りるときには、なるべく銀行や信用金庫などの金利が低いところで借りるようにしましょう。銀行から借りたら安心というわけでもないので、その場合でもしっかりとシミュレーションをする必要があります。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top