借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入の際の適用金利で利息負担が決まります

カードローンを申し込む際に、最も気になるのは適用金利です。契約した場合に適用される金利は非常に重要です。何故なら、この適用金利で負担すべき利息額が決まることになるからです。この適用金利はどのようにして決まるのでしょうか。

カードローンの金利は、例えば、4~18%などとなっていますが、どの数字が適用されることになるのでしょうか。一般的には、借入の際の適用金利は、限度額によって決まるものと審査によってきますものがあります。銀行カードローンなどの場合には、限度額で決まるものが多く、例えば、4~14%となっている場合には、100万円以下は14%、100万円超から200万円までは10~12%などというように段階的に決められています。これに対して、消費者金融業者などの場合には、審査によって決まるものが多く、それこそ契約してみないと適用金利が分からないということになります。実際には、審査通過後に、限度額と適用金利が連絡されますので、気に入らなければ契約しなければよいのですが、せっかく審査に通ったのに契約しないという人は少ないのが現状です。

ただし、現実的には、初回利用時の限度額は50万円から100万円というものがほとんどなので、この場合にはほぼ最大金利が適用されることになります。つまり、消費者金融などで4~18%の金利とある場合には、18%が適用金利ということになります。申込みの際には、お金に困っている状況である場合も多く、その場合にはとにかく融資を受けたいということで、金利については二の次ということになりますが、高金利は利息負担を大きくすることになりますので、後々、ボディブローのように効いてきますので注意が必要です。

借入するということは、必ず完済しなければならないわけですから、利息負担はなるべく小さくして短期に返済することがポイントとなります。利息負担を小さくするためには、金利の低い商品を選び、繰り上げ返済を利用しながら短期に完済するということが重要となります。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top