借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入金依存度とは何に対する借入の目安を表すのか?

一般的に、企業が会社を運営したり営業活動を行う場合には、銀行などからお金を借りることはもちろん、社債発行をして購入者から借りたうえで償還期日に利子を付けて返済するなど、あらゆる方法で資金の調達を行っています。「借入金依存度」とは、貸借対照表上で総資産のうち、借入れがどの程度の割合であるのかを表す指標のことで、「借入金依存度=総借入(長・短期借入金+社債+割引手形残高)÷総資産×100」で算出することができます。仮に、A社の総資産は1000万円で、短期借入金100万円、長期借入金300万円、社債100万円の場合には、(1,000,000+4,000,000+1,000,000)÷10,000,000×100という式になりますから、借入金依存度は60%となります。つまり、A社は資産の60%を借りたお金で調達しているということになるのです。ここで言う資産とは、現金だけでなく土地や建物、売掛金や棚卸資産なども含みます。借入金依存度は業種などによっても異なりますが、50%以内に収まっていれば健全な状態で、60%以上の場合にはこれ以上の借入には注意が必要で、借入れが70%以上を占めている場合には、かなり借入金依存度が高く要警戒レベルであると言えるでしょう。

業種別の目安としては、製造業の場合は65%まで、卸売業では55%まで、それ以外の業種の場合には30%を超えるだけで警戒レベルであると言われています。もちろん、業種によっては設備投資にお金が掛かってしまう場合もありますし、企業の規模によっても異なりますので、必ずしもすべての企業に当てはまるとは言えませんが、一応の目安として知っておくことは必要です。借入れとは、あくまで期日に金利をつけて返済することを前提とした借金ですので、純資産としてみなされることはありません。どんなに大きな企業であっても、会社の利益に対して分不相応な過度な借金をしている場合には、いずれ資金繰りに行き詰まってしまう可能性がありますので、できるだけ借入金依存度を減らしていく努力をしなければなりません。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top