借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入残高証明書の役割とは

借入残高証明書とは銀行や信用金庫といった金融機関が債務者に対して発行する、残る借金の額を証明するための書類です。これは発行した日にどれだけの債務が残っているかを証明するものであるため、最初に500万円を借りて300万円返済したあとに発行してもらうと、残高は残り200万円として発行されてきます。

またこの残高証明というのは銀行預金についても含まれますから、預金額を証明する預金残高証明書も広義の意味の残高証明書に含められるでしょう。では借入残高証明書がどういった役割を持つのかというと、現在では主に住宅減税を受けるために利用されています。

現在の日本では一定の要件に当てはまる住居を新築・増築・購入した場合には居住した年以降5〜15年の間所得税の税額控除を受けられるとしており、この控除を受けるためには自分がいまいくら借りているのかを証明する必要があります。

この残る借入額を証明するために借り入れ残高証明書は利用されているわけです。基本的に証明書が必要になるのはこれくらいのものですが、先ほど触れた預金残高証明書は海外渡航時の財産額の証明に利用される事があります。特に留学の際には受け入れ先の国が留学生に対して本当に留学期間中の学費や生活費を捻出できるかどうかを審査するために提出を求める事が多く、留学の際には銀行から発行をしてもらうことになるでしょう。

この書類の発行は基本的に無料では行われておらず、各金融機関が定める手数料を支払うことになります。と言っても特殊な事例でも無い限り手数料は1000円もかからないのですが、一応手数料は必要になる可能性が高いということはあらかじめ知っておいた方が良いでしょう。

発行にかかる日数はおおよその金融機関で1週間から10日程度となっているため、もし必要になった場合には早い段階で発行の申請を出しておいたほうが無難です。こういったことは各金融機関に相談すればかならず教えてくれますから、発行に際してわからないことがあれば各金融機関に相談してみてください。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top