借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

キャッシングの借入限度額はいくらぐらいか?

キャッシングやカードローンでお金の借入をする際には貸出側が限度額を定めていますが、実際に申込者が借りる事が出来る限度額は個別に審査で決定されます。
例えば、500万円までならば融資が可能という場合でも申込して審査を通過したら誰でも500万円までは借りる事が出来るという訳ではないです。
それではいくらまでならば借り入れ可能であるのか、その限度額についてここではお話をします。

まず覚えておくべき事は法律で総量規制によって年収の三分の一を超えては通常借りる事が出来なくなっています。
逆に年収の三分の一の範囲内であれば借りる事が出来る可能性が高いです。
ただし、あくまでも総量規制は借り過ぎて債務不履行に陥る事が無いようにするための規制となっていて上限を規制しているだけです。
そのために年収の三分の一の範囲内であれば必ず借りる事が出来るという訳ではないです。

また、限度額は一つの申込先に対して年収の三分の一までというのではなくて他での借り入れと合わせて年収の三分の一までとなります。
すでに年収の三分の一まで借りてしまっているから他から借りようなどと考えても、調べればすぐに借り入れ状況が分かってしまいます。
だから内緒で他で借りれば分からないだろうなどと考えても通用はしないです。
なお、総量規制は貸金業者に対して適用される法であって銀行に対しては適用されないです。

つまり、銀行からの借入ならば年収の三分の一を超える場合でも借りる事が出来る可能性があります。
それでは銀行の場合はいくらまでなのかというと、貸金業者のような総量規制による制限がなく、申込先や申込者によっても変わってきて一概には述べる事は出来ずに各銀行の判断で行われます。
ただ、全く参考になる材料がない訳ではなく、銀行のカードローンについては保証会社の審査が行われる場合が多く、その保証会社は貸金業者である場合が多いので、総量規制の年収の三分の一を目安として考えておくのが無難です。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top