借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入をした日から利息がかかる

借金は、借入をした日から利息がかかります。利息を設定しない無償の金銭消費貸借契約を結ぶこともあり得ますが、ふつうは利息を付して貸し付けられます。利息は年利の形で定められることが多いです。例えば、一般的な消費者金融では、金利を年利18パーセントと設定しています。利息は利息制限法の上限金利を守る必要があります。これを超えた分は無効となるからです。かつてはグレーゾーン金利が設定されていましたが、それを超える分は無効とされました。その結果、すでに上限を法定利息に引き直せば完済しているという状況が起こりました。また、人によっては払いすぎた分のお金が発生していて、過払い金の返還を請求することができる事態にもなりました。これは、現在はグレーゾーン金利が無くなったため、今後は起こることがほとんどなくなるでしょうが、当時利用していた人はまだ請求をすることができます。

ただし、時効が成立すればその請求権は消滅します。過払い金の返還請求は10年で時効が成立するので、そろそろ当時の契約内容で支払っていた人で完済済みの方は時効が発生します。そのため、早めに請求をする必要があります。現在も引き続き取引を続けている方の場合は、時効は成立していませんので、まだ請求をすることが可能です。そうすると、ずっと支払いを続けている方でも、すでに債務がゼロという場合もあり得ます。そのため、一度確認してみる必要があるでしょう。過払い金の返還請求のことについては、弁護士に相談をすることで判断してもらうことができます。取引履歴を照会して再計算をして、過払いが発声しているかどうかを判断してもらうことができます。もちろんこれは自分で行うことも可能ですが、ノウハウがある弁護士に任せた方が楽ですしスピードが速くなります。

過払い金の請求は確実にお金が返ってくる場合は、弁護士も着手金不要で受任してくれる方もいるため、手持ちがない方はそういった方を利用しましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top