借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

お金を借入れる際の基準について

借入は個人ばかりではなく、中小企業なども運転資金や創業資金のために銀行から借入れることもあります。企業がお金を融通する場合には、大企業の場合ですと株を発行することにより、資金を集めることができますが、株式会社でなく中小企業の場合には、銀行に対して融資のお願いをしてお金を借入れることになります。

業績が良ければ銀行も融資をしてくれるのですが、先々の経営状況が不安な場合は、貸し渋りをすることがあります。お金を融資する場合には基準があり、その基準をクリアしていなければお金を借りることができないのです。また、融資をしてもらう際には、根抵当などを設定しなくてはなりません。万が一、企業が返済不能になった場合の資金回収方法を確保するのです。

そして、融資を受けるためには、将来にわたっての事業計画、売上利益計画を提出しなければなりません。簡単にお金を借りられるということはないのです。

また、個人がお金の借入れをする場合、住宅の購入のための住宅ローン、自動車を購入するためのマイカーローン、子供の教育費のための教育ローンなどがあります。以上のような借入れは目的別ローンといい、利用使途が定まっているものです。

従って、借入れの金利も安い場合が多いです。しかし、カードローンやキャッシングと呼ばれる利用使途が限られず、利用限度額まではいつでも何度でも借金ができる商品もあります。

カードローンなどでは、高めの金利が課されます。年利での上限金利が18%程度ですので、多額の借入をすると金利負担分が大きく、完済するまでに長い期間を有してしまいますので、早めに返すことを心がけましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top