借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入をするときの方式の違い

買い物や急な出張などのためにお金がないきには、銀行のローンを組んだり、消費者金融からキャッシングをしたりといった方法で工面をすることができます。この場合、ローンにしてもキャッシングにしても、相手を信用した上で貸し付けるということを意味していますので、やみくもに使ってしまうのではなく、計画的に使ってきっちりと返済するのであれば、それが信用情報として銀行などの金融機関にも蓄積され、その後にまた借入をするときにも役立ってきます。しかし、もしも返済がとどこおってしまったり、自己破産などをして返済をしないままにしてしまうと、信用情報に傷がついて、今後は一定の期間は借入ができないということにもなりかねません。そうしたことを踏まえた上で、借入にあたっては、どのような方法で契約をするのかについても注意を払っておく必要があるといえるでしょう。

一般的な銀行などからの借入についてですが、契約時にその金額と返済期間、返済方式をあらかじめ明確に決定しておき、もしも新たな金額が必要になった場合には、そのつど新しく契約を行って、もとのような条件を決ることになります。いっぽう、リボルビング方式とよばれるものもあり、こちらは契約時に限度額を決めることによって、その限度額の範囲内であれば、必要があるつど、新規での借入を受けることができるとするものです。ただし、契約にあわせて決定された最低支払額が別にあるため、利用者はその金額は毎月誠実に支払わなければならないというものです。

リボルビング方式は、カードローンやキャッシングなどの場合には、銀行、消費者金融を問わず、幅広く利用されています。リボルビング方式は便利ではある反面、返済期間が長期にわたってしまい、その間に借入を重ねすぎて多重債務におちいってしまうおそれもありますので、特に返済の余力が十分であるのかどうかについて、たえず注意をしておくことがたいせつであるといえます。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top