借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入、カードローンを利用するときの返済方式の違い

現在カードローンの返済方式の大多数がリボルビング払いです。クレジットカードでのリボ払いという言葉を聞いたことがある人も多いとは思いますが、この一つの返済方式を覚えておくだけで全く問題ありません。

なぜカードローンのほとんどがリボルビング方式を採用しているのでしょうか?他の返済方式はどうなのかというと、新たな借り入れを重ねると、その分毎月の返済が膨らみます。ユーザーにとって毎月の最低返済額が増えることは、できる限り避けたいところです。金融側からすれば客離れが起きるリスクもあるため採用しているのでしょう。

リボルビング方式は何度借り入れをしても毎月の最低返済額は決まった金額になるという設定です。リボルビング方式は定額方式、定率方式、残高スライド方式の3つのわけることが出来ます。

・定額方式

毎月の返済額を5千円ずつにするというように金額で指定する方式。

・定率方式

利用残高の18%など、割合で決める方式。

・残高スライド方式

利用残高に合わせてスライドしていく方式なので、毎月の返済額が変わります。

 

ここまで細かい方式の説明をしましたが、方式の違いによってそこまで得になるということはなく、1番重要なのは返済期間をいかに短くするかということです。毎月の最低返済額が少ない方が負担は少なく感じるのですが、トータルの返済期間が延びるので、その分利息を多く払うことになります。仮に毎月の最低返済額を低く設定していても繰り上げ返済をするべきです。

繰り上げ返済は基本的に毎月の返済日とは別に、早めにいくらか返すというものです。繰り上げ返済をしたからといってその月の返済をしなくてよいわけではないので注意しましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top