借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入の金利とそれに関わる様々な要素

借入に関する商品には、必ず金利が設定されています。いわゆる利息に該当しますが、それには必ずパーセンテージが設定されているのです。

例えばある会社から、100万の借入を行ったとします。その場合、所定会社に対して手数料支払いの義務が生じる訳です。それが例えば、年間18%と設定されているとします。この18%という数字が、いわゆる年利に該当する訳です。ちなみに上記の事例では、年間18%になる訳ですから、年額18万円が手数料という事になります。
それで年利は、会社によって異なってくるのです。それが低めに設定されている会社もあれば、逆も見られます。

借り入れが可能な会社は、大きく分ければ2種類になります。賃金業者もしくは、銀行カードローンのどちらかになる訳です。一般的には前者は、年利がやや高めになる傾向があります。全体的に上記のような18%前後に設定されている会社が多いからです。逆に後者のような金融機関は、もっと低めに設定されている傾向があります。15%前後の金融機関なども、しばしば見かけるからです。

それで年利に関する数字は、借入金額によって変わってくる一面があります。基本的には多くの金額で借りた時には、パーセンテージも低めになってくるのです。
例えば借入れ額が20万円のときには、18%という数字が適用されるとします。ところが100万円を超えた額で借りた時には、必ず15%以下になります。もっと借りる金額が高めになってくれば、パーセンテージはさらに低めになってきます。つまり借りる金額と年利との間には、相互に反比例の関係が存在する訳です。

このように年利に関する数字は、借りる会社や金額などに左右される性質があります。ただごく稀に、金融情勢によって数字が変わる事もあります。金融業界における状況が大きく変わった時には、18%から16%などに引き上げられる事もあるからです。ただし情勢によって数字が引き下げられる事例は、あまり多くはありません。数年や10数年に1回くらいの頻度が一般的です。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top