借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

カードローンの借入審査の審査基準

消費者金融や銀行などの多くの金融機関が提供している個人向けカードローンは、キャッシングとも呼ばれている人気の商品です。20歳以上で安定した収入を得ているということを条件としており、アルバイトや派遣社員、自営業者でも利用することが可能で、これらにより収入を得ている学生や主婦も審査に申し込むことが出来ます。担保や保証人は不要で、審査の申し込み時に用意しなくてはならないのは、運転免許証や健康保険証などの身分証明書1点のみです。

なお、カードローンの借入審査の審査基準は公表されていませんが、信用情報機関への照会が中心を占めており、クレジットヒストリーから返済能力を判定するという内容であることは間違いありません。特に、重視されるのが他の業者からの借入残高と件数で、これらの数字が大きくなるほど承認される確率は低くなってしまいます。何故なら、返済能力がないと判断されてしまうからです。

ちなみに、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などの貸金業者が提供している個人向けカードローンは、借入総額は年収の3分の1までに制限されており、希望額が500,000円を超える場合と他社借入残高が1,000,000円を超える場合は、給与明細書や源泉徴収票などの収入を証明するための書類が必要となります。

これは、2,010年に施行された総量規制というルールによるもので、貸金業者の貸し過ぎと利用者の借り過ぎを防ぐことを目的としています。これは、安易な貸し付けや借入により、多重債務によるトラブルが増加していたことが関係しています。

一方、銀行の商品には、このような制限はありませんが、審査基準は貸金業者よりも厳しいので、年収の3分の1を超えた借入があるような状態で承認される可能性はほとんどありません。これは、返済不能な状況に陥る可能性が高いと考えられるからです。このために、出来るだけ早い段階での申し込みが、審査では有利に働くということになります。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top