借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入するなら少しでも低金利で

お金を借入するなら、低金利で借りたほうが絶対に得です。
はじめて借りるときは実感しにくいでしょうが、契約から半年、1年と経過すると利息の差を感じるものです。
初融資は少ない金額からスタートするのが普通であり、利息も少ないので低金利の恩恵はあまり受けられません。
しかし、キャッシングなどの多目的ローンは長期契約をすることで、段階的に利用額が増えていくことが多いです。
最初は10万円しか借りない方も、半年後は30万円、1年後は50万円になっているケースは多々あります。
こうして借入が増えていくと、金利の重みを実感するようになるのです。
最初はたった1%と思っていた金利が、いずれ大きな利息の差になってしまうのです。

高額の借入をするほど、低金利で借りる必要性は高くなります。
今は少ない借入だとしても、将来追加融資を受けないという保証はどこにもありません。
いずれ高額を借りることも考慮して、契約前から低金利にこだわっておきましょう。

低金利で借りるためには、選択肢は銀行・信用金庫などに絞るのがよいです。
これらの金融機関は消費者金融よりも数%も低く設定しています。
借りたお金は必ず返済する必要があり、利息は1円でも減らしたいところでしょう。
利息を節約するためにも、初回契約の段階において何%で借りるかが重要なのです。

契約前の金利交渉はあまり効果的ではなく、目的の金利で借りられる可能性は低いです。
融資前の段階において、交渉は金融機関側に有利なのは間違いありません。
借り手としては審査に通過するためにも、無理な交渉は避けたいところです。
それゆえ交渉をしなくても、低金利で借入できる金融機関を利用するべきなのです。
実質年率5.0%~12.0%というキャッシングがあった場合、最高でも12.0%で借りることができます。
これ以上の金利設定になることはないので、上限金利の部分を見て検討するといいでしょう。
消費者金融の場合は上限が18.0%に設定されていることが多いです。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top