借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

他社借入が審査に与える影響

金融機関から借入をする際には必ず提出書類に他社借入について記載する欄が用意されています。
ここには単純に現在他社からどれくらいの額を借りているか、また何社と契約しているのかについて記載をすれば良いのですが、当然ながら提出書類に記載する事なのですから審査に対しては影響のある情報となっています。
では他社借入が審査に与える影響としてはどういったことが挙げられるのかというと、まず単純に現在の収支状況に無理が生じていないかどうかの判断に使われます。
現在の金融機関では一年間の返済額の限界は年収の3分の1程度だとみなしていますから、これから行おうとしている借入とすでに存在している他社借入を合算して一年間の返済額を計算した際に、この基準を超えている場合には審査の結果がかなり厳しいものになりやすいです。

また申し込みをした事業者が貸金業者、例えば消費者金融などの場合には総量規制上の問題が無いかをチェックするためにも使用されます。
総量規制では貸金業者が消費者に対して融資できるのは年収の3分の1までと規定されており、これに違反した事業者には罰則があります。
そのため貸金業者に申し込みをした場合、他社借入の額によってはそもそも法律で融資できないと言われる可能性もあるわけです。
これらの他に重要なポイントとなるのは他社借入の契約件数で、この件数が多すぎると判断された場合にはやはり審査を通過できないリスクが高くなってきます。

契約件数が多いということはそれだけ返済についての管理の手間が増えるわけですから、収入や信用に問題が無い人であっても返済日を忘れていたなどでトラブルを引き起こすリスクがあるとみなされるからです。
傾向として銀行の場合は他に2社まで、消費者金融の場合は他に3社までならおおよそ問題はないとされていますが、契約件数が多いことで良い影響が出る可能性は低いため、利用していない契約があるならあらかじめ解約してから申し込むと良いでしょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top