借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

主婦が借入を行う際には総量規制や在籍確認に注意が必要

主婦という立場は日々、何かと数多くの出費の機会にさらされるものです。

特に家族の家計を司る上では重要なポジションですし、夫の交友費やお小遣い、子供の教育費、その他の生活費や食費、自宅の家賃、レジャーや外食などの費用を全て捻出した上で、残高の中から自分のファッションや美容、健康、交友のための費用を確保しなければなりません。

このようなやりくりを続けていると、ついお金が不足しがちになることもあるでしょうし、さらには自分だけのために夫に内緒でこっそりお金を確保したくなるケースもあるはずです。

そのような際には銀行や消費者金融で借入申請を行うと比較的簡単に融資を受けることが可能です。

ただし主婦が借入する上ではパートやバイト、内職などで働いていて安定した給与を得ているか否かも重要となります。

というのも消費者金融では総量規制という規則を遵守しなければならず、それによると年収の3分の1を超える融資を行ってはならない決まりとなっているからです。

つまり全くの無収入であれば実質的な借入が不可能となります。その一方で銀行の借入にはこのような総量規制がなく、条件次第で基準を満たしていれば誰でも借入を行うことが可能です。

その場合には一家の働き手である夫の年収や勤務先を記載しなければならない場合もあるので注意が必要です。

消費者金融での借入の場合にはネットや電話、店舗窓口、自動契約機などから申し込みを行うとキャッシングやカードローンといった手法にて借入ができます。

キャッシングは自分の銀行口座に一括振り込みを受けることができますし、カードローンは個人専用カードを使って近場のATMから融資金を引き出すというタイプのもの。いずれも自分の裁量や利便性に合わせて洗濯する必要があります。

また、主婦が審査を受ける際には身分証や勤務先の源泉徴収票の提出などを行わねばならないケースもあります。審査過程で行われる在籍確認では実際に職場に電話がかかって本人の在籍をチェックすることもありますので、この電話確認がまずいのであれば事前に電話などで先方に相談しておくことが大切です。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top