借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

会社を設立する際の資金の借入方法について

会社を設立する際には多額の資金が必要です。事業資金を用意する方法としては銀行や投資家から融資を受ける方法が一般的ですが、その金利が比較的高額で有る事や、新しい会社の場合にはその審査が厳しく十分な融資が受けられなかったりすることも少なくありません。

会社を設立する際に気を付けなければいけないことは、資金の調達方法です。投資家から融資を受けた場合と、銀行から融資を受けた場合ではそのお金の性格も大きく異なってくるものです。投資家から融資を受けた場合には投資家との信頼関係が良好であれば自由な経営が出来るほか、返済などの面でも柔軟な対応が出来るものですが、信頼を失ってしまった場合には急に資金を引き揚げられてしまうリスクも高いものです。

銀行から融資を受けた場合には一定の期間内に所定の利益を上げなければならない半面、予め決められた返済額を守ることで利益の計画や追加融資の計画もしっかりと行えます。但し、銀行であってもその経営状態によっては、融資を引き揚げられたりすることも有るため安定した借入を行うことは難しく、特に会社を設立したばかりの場合などはそのリスクが高くなってしまうことが多いものです。

そこで利用したいのが、様々な機関が行う創業融資の制度です。この融資制度は新たに会社を設立する場合向けの融資制度で、借入に当たっての条件が比較的緩やかな事や無担保で借入が出来る物も有ることから、会社を設立する際には利用したいものです。

公的機関の融資として有名なのは日本政策金融公庫で扱っている「新創業融資制度」でしょう。融資限度額は1500万円と高く、新たに事業を始める方を対象としています。新創業融資制度から融資をしてもらう場合、自己資金が必要になります。これは事業を始めるにあたってしっかり貯金していたかという勤勉さをチェックするという意味もあります。

また、最近では中小企業向けのビジネスローンも増えてきています。金利は高めなので、できる限り利用する際は早めに返済したいところです。公的な機関より融資スピードが早いので利用者の数が右肩上がりで伸びてきています。ビジネスローンは創業から1~2年経っていることが条件なので、会社立ち上げには利用できないことも覚えておきましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top