借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

借入れ上限金額と利率の関係

カードローンを利用する時には、「完済するためには元金と利息を納める必要がある」ということを覚えておくことが大切です。個人的な借金であれば、単純に借りた金額をそのまま返済すれば良いと言う状況になりますので、余計な負担を負うことなく借金を完済することが出来ます。しかし、カードローンなどの貸金業者が提供するサービスで借金をする場合には、借りた金額以上の返済をしなければ完済には至らないと言う点を考慮することが大切です。

さて、借入れ時に設定される金利に関しては、大きく分けて「アドオン利率と実質年率」の二つがあります。前者は、「あくまでも元金に対する追加徴収分だけ」を意味するもので、後者は「それ以上の追加徴収は無い」と言った意味になります。

分かりやすく言うと、100万円の借入れを「金利10%」で利用する場合には、アドオン利率を採用している場合には「年間10万円とその他手数料などが必要になる」という意味になり、実質年率の場合は「10万円の中に手数料などの全てのコストが含まれる」という意味になります。

つまり、実質的に必要になる利息に関しては後者(実質年率)の方が少なく済むと言うことになるので、出来る限りこちらのシステムで契約した方が負担を減らすことが出来るのでおすすめです。また、設定される金利に関しては、「借入上限金額が高いほど金利は低くなる」という仕組みがあることも覚えておくようにしましょう。

同じ金額の借入れをする場合であっても、「限度額50万円で50万円の借入れをする場合」と「限度額100万円で同額の借入れをする場合」では、後者の方が低い金利で契約できる可能性があると言うことです。100万円以下の場合はそれほど大きな違いなることは少ないものの、「各社が設定している最小金利で借入れをするためには、各社が設定する最大融資上限で契約する」と言うことが必要になります。つまり、「基本的には最大金利付近で契約することになる」ということを覚えておきましょう。

借入する方法の説明はこちら

借入とは

Top