借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

最短1時間で借入する方法とは?

今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

最短1時間で即日借入するためには、平日14時までに申し込みを完了させましょう。時間を過ぎると翌営業日の振り込みになります。

15時以降や土日はインターネットから申し込み、審査を完了させ無人契約機でカードを発行してもらいます。また申し込み時に年収を多く書くなどの嘘はダメです。必ずバレますし、審査で不利になるでしょう。

少しでも早くお金を借りるのであれば、最大30日間金利がゼロで借りれるプロミスを考えてみましょう。三井住友ファイナンシャルグループなので安心してご利用できます。事業資金で借りたい方には「自営者カードローン」で最大300万円まで融資が可能です。

最短1時間で借入する方法とは?

プロミス

ココに
注目!

Webなら最短1時間融資も可能

プロミス

プロミスのまとめ

  • はじめての方は30日間無利息で借入可能※1
  • 最短1時間でキャッシング可能
  • 三井住友フィナンシャルグループ
審査時間 融資までの目安 実質年率 限度額
30分 最短1時間 4.5%~17.8% 500万円
公式サイトで詳細を見る

↑お得な金利ゼロは上記で紹介↑

※1 30日間無利息サービスのご利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

借入とは??

借入の意味は、ローンや借金のことを指し、企業や個人が金融機関からお金を借りることをいいます。本来、お金を借りる方が貸し手に使うことで、貸し手がお金を貸すことを貸出と言います。

また、読み方は「かりいれ」もしくは「しゃくにゅう」と読み、「借り入れ」や「借入れ」とも表記されます。

貸出と意味は近いですが、金融業界では「融資」という言葉をよく使います。金融機関が法人や個人にお金を貸すことで、個人が自由に使うのはもちろん、もしくは法人側がチャレンジしたいビジネス計画を提案し、銀行や消費者金融で審査が通れば希望額を融資してくれます。

大手銀行は大企業への融資がほとんどです。地方銀行や信用金庫は主にその地域の中小企業に密着していますので、商店街の方達と顔見知りになりフレンドリーな関係を築いています。

最近ではノンバンクが個人でもビジネスローンでも注目を浴びています。事業資金を銀行以外で借りることに対して抵抗がある方もいますが、審査や融資スピードが銀行や公的機関より圧倒的に早いため利用者数を伸ばしています。さらに個人が借り入れをするのに最も適しているのがカードローンです。スマホで申し込みから、返済管理まで簡単にできるので人気の借り入れサービスです。

実際にカードローンを利用した口コミ体験談

持ってて良かった!

借り入れ出来て良かった!

こんなご時世ですから、自分の給料なんて一向に上がりません。毎日の生活がギリギリの状態なんですが、給料日前に突然親戚のおじさんが亡くなって、香典を用意しなければいけなくなったんです。

いつもなら急な出費を用意できず、親に頼らざるを得ない状況ですが、即日借入が出来たため問題なくクリアできました。

カードローンがあれば給料日前の金欠時でも、ATMから簡単にお金を借りることができますし、その日のうちにお金を貸してくれるサービスは本当に頼りになるんです。

事前に限度額いっぱいまで借りてしまうと追加のローン借り入れができなくなるんですけど、自分はいつも余裕をもってお金を借りているので余裕でした。

無事に必要な金額を用意でき、ピンチを乗り切ることができたんです。

緊急時に助かった

借り入れて緊急時に助かった

自分でビジネスを始める際、多額の自己資金が必要となり、どうしても準備することができませんでした。

上手く貯金することができればよかったのですが、お金の貯め方があまり上手い方ではなく、資金は準備できず、アルバイトで稼ぐにしても時間がかかってしまいます。

そこで、とある社長のアドバイスをもとに、カードローンの借入を利用することにしました。

収入さえあればカードローンの審査を突破することができ、簡単にお金を借りることができました。それも十万単位で借りられるので、簡単に多額の資金を準備することに成功しました。

また、私が学生の頃に申し込んだクレジットカード審査と違って、審査に1時間もかからず即日で利用することができるので、私のように緊急でお金が必要になった場合はカードローンを利用すると良いです。

ただし、必要以上に借りないように注意することが大切ですね。

妻に知られることなく利用できました

妻に知られることなく借り入れできました

趣味で骨董品を集めていますが、どうしても欲しい品があり悩んでいました。

給料日前でしたが、この機会を逃したら後悔をすると思いカードローンでお金を借りました。

ネット収入のような副業があるならともかく、普通のサラリーマン生活を送る私にはそのようなものはなかったので、モビットのカードローンを利用することにしたのです。

やっと欲しかった品が手に入り、とても嬉しい気分でした。カードローンで借り入れたことを妻に知られたら困ると思っていましたが、郵便物などもなくそういった心配はありませんでした。

とても便利で使いやすいと感じています。返済方法も、コンビニATMで返済ができるのでとてもスムーズにできます。

このカードローンで、これからの生活がより良いものになるなと感じています。来月は、友人の結婚式も立て続けにあるのでお金に困ったらまた利用したいです。

人気ランキングはこちら
第1位

プロミス

ココに
注目!

Webなら最短1時間融資も可能

プロミス

プロミスのまとめ

  • はじめての方は30日間無利息で借入可能
  • 最短1時間でキャッシング可能
  • 三井住友フィナンシャルグループ
審査時間 融資までの目安 実質年率 限度額
30分 最短1時間 4.5%~17.8% 500万円
公式サイトで詳細を見る

↑お得な金利ゼロは上記で紹介↑

第2位

アイフル

ココに
注目!

スマホで手続き完了

アイフル

アイフルのまとめ

  • お申込みから最短30分で審査完了
  • 初めてなら30日間無利息で借り入れ
  • 東証一部上場の会社だから安心
審査時間 融資までの目安 実質年率 限度額
30分 最短1時間 4.5%~18.0% 500万円
公式サイトで詳細を見る

↑お得な金利ゼロは上記で紹介↑

第3位

モビット

ココに
注目!

職場への連絡無し!

モビット

モビットのまとめ

  • 誰にもバレずに借入可能
  • WEB完結/電話連絡、郵便物なし
  • 借入まで一切誰とも顔合わせなし
審査時間 融資までの目安 実質年率 限度額
10秒簡易審査 最短即日※ 3.0%~18.0% 800万円

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトで詳細を見る

↑10秒簡易審査↑

即日借入が可能なカードローン

最短1時間で借り入れのカードローン

すぐにお金を借りたい場合は大手消費者金融を選ぶべきです。平日の14時までに審査が終われば振込融資その日のうちにキャッシングが出来ます。大手消費者金融は無人契約機が多くあるのが強みで、スマホ・PCから申し込みが終わり連絡が来たら、無人契約機でローンカードを発行すれば最短1時間でキャッシングが出来ます。これは土日祝日関係なく夜の21時ぐらいまで対応していることが多いです。

銀行カードローンの場合は即日融資を提示してありながら、翌営業日になることもあります。また地方銀行に多いですが、その銀行口座がないと融資を受けられない場合もあります。

即日借入のデメリットはあるの?

とくにコレというものはありません。初めて消費者金融で借りる場合は一定期間金利ゼロの恩恵も受けられるので、早期完済するのであれば銀行カードローンよりお得になります。

大口融資で長期返済の場合だけは銀行カードローンの方がトータルの負担が少ないので、その場合はまずは銀行カードローンの審査を受けてみましょう。

深夜にお金が必要になったら借りれるの?

すぐにというわけにはいきませんが、24時間インターネットからの受付はしているので、深夜に申し込みをしておけば朝の9時半頃に融資を受けられる可能性はあるので、申し込みだけは完了させておきましょう。

こんなときのために、ローンカードを作っておけば限度額内で時間に関係なくいつでもキャッシングは出来ます。

Web完結で即日借入はできる?

店舗に行かずに、振り込み融資までしてもらうことを「Web完結」といいますが、平日の14時までに審査が完了すれば可能です。さらに指定口座があれば14時以降でもWeb完結ができるローン会社もあるので、どうしても家から出たくない、仕事で無人機契約に行けないという方は事前にチェックしておきましょう。

カードローンの審査は通りやすい?

初めて個人でお金を借りる方へ

消費者金融や銀行カードローンを利用してお金を借りる場合、必ず審査を受けなければなりません。一般の人なら誰でも利用できるように審査のハードルは高くはないので、借りられない不安を持つ必要はないでしょう。

審査に通る自信がないからといって審査が緩い会社にしようなど、安易に決めてはいけません。ユーザーに違法な金利で融資を押し付けてくる非正規の金融業者の可能性だってあるわけですから、よく情報を吟味する必要があります。

審査に通るためには安定した収入があることと、申し込み時に絶対ウソは記入しないことが大事です。

2社目を借りたい、または借入経験がある方へ

別でお金を借りている場合、他社の借入状況も審査対象になります。これについては、信用機関に情報が渡っているので正直に借入金、借入件数は申告しましょう。

借入状況が最悪だった場合、つまり何度も返済ペナルティーを受けている、まともに返済できていない状況であれば、ほぼ審査を通過することはできません。

大手消費者金融は借入件数より「年収」と「借り入れ総額」を主に見ています。総量規制が大きく関係してくるので、借り入れ総額が年収の3分の1以下になっているかもチェックしておきましょう。

どういう人が審査に落ちるの?

初めてカードローンを申し込む方でもクレジットカード払いの滞納履歴がある場合、個人信用情報機関にその情報が2年残ります。1~2回ぐらいの滞納であればまだ良いですが、繰り返し滞納をしていた場合はカードローンの審査が厳しくなります。

過去に自己破産や任意整理をしている場合も、まず審査は通らないでしょう。また1ヶ月のうちに何社も申し込みの履歴がある場合も、よっぽどお金に困ってる人と思われるので審査に通りません。

どこのカードローン会社も「安定した収入」は最低条件としているので無職の人は借りれません。アルバイトであっても2~3ヶ月ぐらいの勤務期間は欲しいところです。主婦でもパートしていて毎月収入があれば審査に通ることは出来ます。

事業資金借入を考えてる経営者の方へ

事業資金を少しでも早く借りたい、ビジネスローンでお探しの場合は銀行以外でも信販会社や消費者金融も候補として入れるべきです。その理由は銀行ローンより審査通過率が高い&融資スピード早いということです。ノンバンクはついつい敬遠しがちですが、立派な信用できる金融会社です。しかし金利は高めなので、できる限り短期で返済することを計画するとよいでしょう。

・ビジネスローンで重要視されるポイント

1.業歴

銀行は2年以上の事業年数が求められますが、ノンバンクであれば1年以上でもokとなる場合もあります。

2.事業計画書・資金計画書

会社案内などの書類、決算書一式、商業登記謄本、資金の使途(日本政策金融公庫のサイトが参考になります)

これらを準備することによって融資を受けられる可能性がかなり高くなります。

3.保証人を依頼する

主に大口融資の場合で、一定の保証料はかかりますが、信用保証協会に保証人を依頼すると審査が通りやすくなります。保証人を付けたくない方は売掛金を売却するファクタリングという手法もあります。

4.決算書でチェックされる箇所

法人概況説明書、賃貸対照表、勘定科目明細、損益計算書、製造原価報告書、株主資本変動計算書の一式

減価償却費を計上しないところが見受けられますが、そのまま審査を受けると償却の負担ができないと判断されます。

5.短期と長期の利益計画

書類の数字から会社の経営がうまくいっているか、水増しや回収できない債権の有無などもチェックされます。

対面でのローン審査を受ける場合

これはすべての審査や面接に共通して言えますが、身なりや態度は重要な要素です。逆の立場で考えるとイメージしやすいですが、洋服が汚かったり、言葉遣いがひどい人には貸したくないですよね。少し面倒であってもスーツなど容姿が良く見られる格好で審査を受けましょう。

借入可能額はいくらなの?

カードローンを申し込んだ際には、例えば70万円の希望額で申し込んだのに50万円までなら契約可能という回答が来たり、逆に30万円の希望額で申し込んだのに、50万円まで可能ですがどうしましょうか、と連絡が来たりします。その理由を説明していきます。

●ノンバンクの借入可能額

消費者金融や信販会社などの貸金業者の場合には、貸金業法における総量規制の適用を受けますので、年収の3分の1を超える借入を行うことができません。しかし、事業資金での貸付けや、おまとめローンなどは例外として認められているので総量規制の影響は受けません。また住宅ローンや自動車ローンも総量規制の対象にはなりませんが、先にカードローンを契約していると住宅ローンの審査に影響する場合がありますので注意しましょう。

カードローン申し込みの際には、50万円を超える場合や他社との合計が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が義務付けられています。これも総量規制のルールなので二度手間にならないように準備しておきましょう。

●銀行カードローンはいくらまで借りれるの?

銀行カードローンの場合はこの限りではなく、総量規制の影響を受けることなく借入が可能です。ただし、銀行融資では消費者金融と比べて審査が厳しくなる傾向が見られます。

また銀行カードローンの初回利用時は、50~100万円というケースがほとんどとなります。返済能力が高い方でも年収の2分の1程度までが目安とされています。

●借入可能額を上げたい場合

将来的にある程度まとまった額を借りたい場合は、信用を作るのが一番です。あえて利用歴を作り、返済日に遅れることなく返すと金融側はきちんと返してくれる人だなと信用が出来ます。このように履歴を作ると金融側から増額できますが、いかかですか?と言われることもあります。増額のために再契約などはないので、すぐに借入が可能です。

借入金利とは

借入金利とは、借りたお金に対する支払い利息の割合のことで、実質年率とも呼ばれます。消費者金融や銀行などの金融機関ではこの借入金利で利益を得ています。

金利の見方がわからない

例えば銀行は1.0%~14.5%ぐらいに設定していて、いざ自分が借りる時、何%になるのかが分かりづらいですよね。初めて借りる場合や、少額の場合はまず上限の金利になることがほとんどです。100万円以上の借入は利息制限法で必ず15%以下になり、消費者金融もこれに当てはまります。

また、金利の計算方法は各ローン会社がシミュレーターを用意していますので、利息が簡単にわかります。また毎月の返済額もアプリなどで自動計算してくれますので心配はいらないでしょう。

金融会社と信頼関係を作る

1~2回以上、返済期日を守り完済できれば、「この人に貸してもしっかり返してくれるな」と信用度が上がります。必ずではありませんが、ローン会社から連絡がきて、借入限度額を上げてくれたり、金利を下げてくれたりする場合もあります。将来的にまとまったお金を借りる予定がある方は、あえて利用履歴を作っておくのがコツです。

固定金利と変動金利の違い

変動金利は一定の条件の下で金利が変動するため、住宅ローンで多く見られます。特に住宅は一生のうちで1回あるかないかの大きな買い物となるため、どちらの方がお得になるかなと迷う人が多いです。

様々な専門家が金利の予測をしていますが、推測にすぎないため確実に得な方を決めることはできません。借入金利も含めて全て返済しなければ分かりません。

固定と変動を組み合わせることも可能ですが、結局どちらか一方にしたらもっと得だったと後悔することになるため、事前にしっかり話し合って一方を選ぶ必要があります。

借入金利を下げるには?

法人や個人事業者が借りる場合は多額な金額になるので1%でも下げておきたいですよね。これをするには複数の銀行と取り引きをし、より低い借入金利を提示したきたところで借りる、または交渉する方法です。事業資金の融資決定はあくまで人間が行っているので担当の方と仲良くなるのはプラスになるでしょう。

借入残高とは

借入残高とは、あといくら借金が残っているか?を確認する時に見る箇所です。ATMでお金を下ろす時、『残高照会をする』のボタンがありますが、貯金とは逆の意味で借金の残高ということです。利息は含まれません。

一部の金融機関に限られますが、ローン会社のサイトにログインすれば借入返済予定表を確認することができる仕組みを導入している金融機関も存在します。また、返済の際に専用アプリを利用すると把握しやすいでしょう。

またここでは借入残高を総量規制として説明していきます。

クレジットカードのショッピング枠は借入残高に含まれるの?

一般的によく間違えやすいのが、クレジットカードを利用したショッピングで、こうしたショッピングは借入残高に含まれません。しかしクレジットカードのキャッシングは借入残高に含まれますので注意が必要です。

住宅ローンの残高は?

住宅ローンの残高は総量規制の影響を受けません。住宅ローンを組んだ後に確定申告や年末調整で住宅ローン控除を受けたい場合に、住宅ローンの借入残高を証明する必要があります。この場合はローンを組んでいる金融機関から住宅取得資金にかかる借入金の年末残高等証明書を交付してもらい、税務署や会社などに提出するという流れになります。

ローン返済を計算・シミュレーションしてみよう

失敗しない借入のためには、返済シミュレーションをして、完済まで無理のない金額で利用する必要があります。

●なんとなく借りるのはダメなの?

はじめて借入するときは緊張や警戒することも多いでしょうが、人は次第に慣れていくものです。1回目はローン相談をしていたけれど、2回目の借入をするときはそれもなく、緊張感がなくなり、徐々に抵抗感がなくなっていき、借りる金額も段階的に増えてしまいます。

ローンの返済ができなくなる方は、金利が高くて払えないわけではありません。高額の借入をして、利息が膨らんでしまい、返済金が利息で相殺されるから元金が減らないのです。

当たり前ですが、ローン返済額が10万円と30万円では、単純に利息も3倍に比例します。借りてからローン支払い計算をする方は多いですが、これでは遅すぎるのです。ローンで失敗しないためには、お金かりる前の段階でローンシミュレーションをしておく必要があります。

●多めに借りてはダメなの?

大丈夫だと考えている半分程度の金額に抑えておくと、無理なく返すことができるでしょう。ほとんどの場合は実際に返済するタイミングになると、借入を抑えておけばよかったと思えてくるのです。

どうしても心配で多めに借りたくなる気持ちはわかりますが、使う金額がハッキリしているのであれば必要最低限の額で借りることをおすすめします

最短1時間融資

プロミス

プロミス

↑はじめての方なら最大30日間金利0円↑

スマホで手続き完了

アイフル

アイフル

↑最短3秒で借入診断ができる↑

記事一覧

Top