借入おすすめランキング2017最新版
最短1時間で借入する方法
最短1時間で借入する方法

最短1時間で借入する方法とは?

今すぐお金が必要!最短1時間で借りる方法

最短1時間で借りるためには、平日14時までに申し込みを完了させましょう。時間を過ぎると翌営業日の振り込みになる場合があるので注意が必要です。

15時以降や土日はインターネットから申し込み、審査を完了させ無人契約機でカードを発行してもらいます。また申し込み時に年収を多く書くなどの嘘はダメです。必ずバレますし、審査で不利になります。

少しでも早くお金を借りるのであれば、最大30日間金利がゼロで借りれるプロミスを考えてみましょう。三井住友ファイナンシャルグループなので安心してご利用できます。さらに三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があれば24時間対応が可能で、スマホで完結することもできます。

最短1時間で借入する方法とは?

借入とは??

借入とは消費者金融や銀行などでお金を借りることで、借入の読み方は「かりいれ」もしくは「しゃくにゅう」と読みます。返済時には一定の金利がつきますので、借りた金額にプラスして返済します。このプラスの金額がよくわからなくて、借りるのが怖いと思う方はいるでしょう。

仮に10万円を年金利18%で一ヶ月で返済したとすると、利息は10万円 × 0 .18 ÷ 365 × 30 = 1479円 と、あんまりかからないな、と思った方が多いと思います。

しかし半年で返済すると利息が5315円と膨らみますので、少しでも早く返す方がお得なことがわかります。

お金を借りる方法をざっくり分けると、消費者金融、銀行カードローン、信販系の3つです。借入金額にもよりますが審査の厳しい順で並べると銀行>信販系>消費者金融と言われております。

少額で、なるべく早く借りたいという方は消費者金融を考えてみましょう。即日融資や無利息キャンペーンなどで各社争っていますので、これらのサービスを賢く使って自分に合う借入を選びましょう。

平成22年6月18日に貸金業法が施行され、上限金利も以前は30%近くのものから20%以下と変わり、これを超えると貸金業法の法令違反となり営業停止などの厳しい処罰を受けます。

このような法律改正から、より安心してサービスを受けることができるようになりました。

実際にカードローンを使ってみた人たちのまとめ

持ってて良かった!

持ってて良かった!

こんなご時世ですから、自分の給料なんて一向に上がりません。毎日の生活が常にギリギリの状態なんですが、給料日前だというのに突然親戚のおじさんが亡くなって、香典を用意しなければいけなくなったんです。

いつもなら急な出費を用意できず、親に頼らざるを得ない状況ですが、今回はカードローンがあったので問題なくクリアできました。

カードローンがあれば給料日前のお金がないときでも、ATMから簡単にお金を借りることができますし、本当に頼りになるんです。

事前に限度額いっぱいまで借りてしまうと追加の借り入れができなくなるんですけど、自分はいつも余裕をもってお金を借りているので余裕でした。

無事に必要な金額を用意でき、ピンチを乗り切ることができたんです。

緊急時に助かった

緊急時に助かった

自分でビジネスを始める際、多額の資金が必要となり、どうしても準備することができませんでした。貯金では準備できず、アルバイトで稼ぐにしても時間がかかってしまいます。。

そこで、とある社長のアドバイスをもとに、カードローンを利用することにしました。

収入さえあればカードローンの審査を突破することができ、簡単にお金を借りることができました。それも十万単位で借りられるので、簡単に多額の資金を準備することに成功しました。

また、審査に1時間もかからず、即日で利用することができるので、私のように緊急でお金が必要になった場合はカードローンを利用すると良いです。

ただし、必要以上に借りないように注意することが大切ですね。

妻に知られることなく利用できました

妻に知られることなく利用できました

趣味で骨董品を集めていますが、どうしても欲しい品があり悩んでいました。

給料日前でしたが、この機会を逃したら後悔をすると思いカードローンでお金を借りることにしました。

やっと欲しかった品が手に入り、とても嬉しい気分でした。カードローンでお金を借りたことを妻に知られたら困ると思っていましたが、郵便物などもなくそういった心配はありませんでした。

とても便利で使いやすいと感じています。返済方法も、コンビニATMで返済ができるのでとてもスムーズにできます。

このカードローンで、これからの生活がより良いものになるなと感じています。来月は、友人の結婚式も立て続けにあるのでお金に困ったらまた利用したいと思っています。

借入の可能額はいくらなの?

カードローンを申し込んだ際には、例えば100万円の希望額で申し込んだのに50万円までなら契約可能という回答が来たり、逆に、30万円の希望額で申し込んだのに、50万円まで可能ですがどうしましょうか、と連絡が来たりします。

そもそも、借入金の借入可能額とは、どのようにして決められているのでしょうか。

カードローンには、消費者金融などの貸金業者が提供するものと、貸金業者ではない銀行などが提供するものがあります。

貸金業者であるかどうかで、借入金の借入可能額の決定方法が異なることになります。

まず、消費者金融や信販会社などの貸金業者の場合には、貸金業法のおける総量規制の適用を受けますので、年収の3分の1を超える融資を行うことができません

これに違反すると行政処分の対象となり、営業停止などの厳しい処分を受けることになります。

また、総量規制により、申し込みの際には、50万円を超える場合や他社との合計が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が義務付けられています。

つまり、50万円までなら貸しやすいという状況があり、初回の利用時には、多くの方の借入可能額は50万円以下ということになっています。

ただし目的別のローンの場合には、総量規制対象外となりこの限りではありません。

これに対して、銀行カードローンの場合には、総量規制の適用を受けることはありませんので、年収制限もなく銀行独自の審査基準により借入金の可能額が決定されることになります。

とは言っても、際限なく融資するわけではもちろんなく、銀行融資の初回利用時は、50~100万円というケースがほとんどとなります。

借入から返済までをシュミレーションするのが大事

失敗しない借入のためには、カードローン比較などより、借金返済までシュミレーションをして無理のない金額で利用する必要があります。

ローンの返済ができなくなる方は、金利が高くて払えないわけではありません。高額の借入をして利息が膨らんでしまい、返済金が利息で相殺されるから返せなくなるのです。

はじめて借入するときは緊張することが多いでしょうが、人は次第に慣れていくものです。2回目の借入をするときは、1回目と比べてあまり緊張感はないでしょう。

そうして徐々に抵抗感がなくなっていき、借りる金額も段階的に増えてしまいます。ひとたび高額の借入をすると、必ず利息も大きくなります。

借りる金額が10万円と30万円では、単純に計算して利息も3倍と比例するのです。

ローンで失敗しないためには、借りる前の段階でローンシュミレーションをしておく必要があります。

借りてからシュミレーションをする方は多いですが、これでは遅すぎるのです。よく考えずに借りた金額が、実はすでに借りすぎかもしれません。

ローンは、完済をイメージして借りると失敗しにくいので、返せる金額を考えてみましょう。30万円ならギリギリ返せるという場合、実際に返済を始めると厳しくなることが多いです。

大丈夫だと考えている半分程度の金額に抑えておくと、無理なく返すことができるでしょう。

実際に返済するタイミングになると、借入を抑えておけばよかったと思えてくるのです。シュミレーションをする事によってローン計算を簡単に把握できるになります。

どうしても心配で多めに借りたくなる気持ちはわかりますが、必要最低限の額で借りることをおすすめします

借入金利とは

借入金利とは、借りたお金にかかるレンタル料のことです。消費者金融や銀行などの金融機関では借入金利によって利益を得ています。お金を借りる側としては返済額を抑えられるため、借入金利が低い方がお得です。お金の貸し借りはビジネスであっても信用が大きく関わるので、お金を返してくれる可能性が高い人ほど金利が低く設定される傾向があります。

例えば銀行ではカードローン審査が厳しいですが、審査に合格した人に対しては金利で優遇しています。それに対して他の金融機関で審査になかなか通らない人を受け入れているような業者では、金利を高めに設定しています。

金利にも固定金利と変動金利があり、ローンを組む時に選ぶポイントとなっています。固定金利は金利が全く変わらないので、市場に大きな変化が起こっても被害を受けることはありません。変動金利は一定の条件の下で金利が変動するため、住宅ローンなどで多く見られます。特に住宅は一生のうちで1回あるかないかの大きな買い物となるため金利で迷う人が多いです。

様々な専門家が金利の予測をしていますが、推測にすぎないため確実に得な方を決めることはできません。借入金利も含めて全て返済しなければ分かりません。最近はローン返済シュミレーションを使って分かりやすく説明することも増えています。

固定と変動を組み合わせることも可能ですが、結局どちらか一方にしたらもっと得だったと後悔することになるため、事前にしっかり話し合って一方を選ぶ必要があります

借入残高とは

借入残高は借り入れた金額から毎月の返済額を差し引いた金額のことを言い、利息は含まれません。確認する場合は金融機関から発行される利用明細書、もしくは取引後の領収書に記載されております。金融機関から毎月発行される利用明細書などには、今後の借入金の返済について一覧表にまとめられている場合が多くなっています。

この一覧表では毎月の返済額だけでなく、借入残高についても確認をすることができ、初回から最終回までの支払内容についても確認できるようになっていますので返済計画を立てる際に利用すると大変便利です。また一部の金融機関に限られますが、インターネットで金融機関のサイトにログインすれば借入返済予定表を確認することができる仕組みを導入している金融機関も存在します。アプリがあればそちらを活用するのもいいでしょう。

借入残高について一般的にとても間違えやすいのが、クレジットカードを利用したショッピングで、こうしたショッピングは借入残高に含まれませんので注意が必要です。クレジットカードの借入残高は無担保の消費資金借入残高のことを意味しており、ここで言う借入はお金を借りるということであるためキャッシングは含まれますが、ショッピングはお金を借りているわけではないので含まれないのです。

ちなみに住宅ローンの残高は、ローンを組んだ後に確定申告や年末調整で住宅ローン控除を受けたい場合に、住宅ローンの借入残高を証明する必要があります。この場合はローンを組んでいる金融機関から住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書を交付してもらい、税務署や会社などに提出するという流れになります。

借入の審査について

消費者金融を利用してお金を借りたい場合、必ず審査を受けなければなりません。一般の人なら誰でも利用できるように審査のハードルは低く設定されているので、借りられない不安を持つ必要はないでしょう。審査に必要なものは、個人情報と身分証の提示、収入額と勤務先情報になります。収入額によって借入可能金額が決定されるので、場合によっては必要な金額を借りられない可能性があるので注意です

また、別でお金を借りている場合、その借入状況も審査対象になります。これについては、信用機関に情報が渡っているため、わざわざ申告する必要はありません。ただし、借入状況が最悪だった場合、つまり、何度も返済ペナルティーを受けている、まともに返済できていない状況であれば、ほぼ確実に審査を通過することはできません。

逆に問題なく返済しているのであれば、信頼に値すると評価され、借入可能金額は増えるでしょう。ただし、増えたからと必要以上にお金を借りようとしてはいけません。必要最低限の範囲で借入し、返済に苦労しないように考えることが需要です。

だから、借入した瞬間から利息を多く払わずに済む返済計画を立てておくことが必須となります。決められた額を少しずつ返済するのも良いですが、これでは返済期間が長くなってしまい、その分たくさん利息を払うことになります。そうならないためには、1回の返済額を多くする以外にないので、生活が苦しくならない範囲で多く返済することを考えましょう。またボーナス時は繰り上げ返済ができるかどうかも事前に聞いておけると損をしないです。

借入の利率について

お金を貸金業者から借り入れするときに気になるのは、金利でしょう。当然、この借入利率が低い貸金業者から借りたいと誰もが思うものです。借入の利率は、借りる貸金業者や借入れ金額によって違ってきます。一般的に金利は、消費者金融に比べ銀行の方が低く設定されています。その分、審査は厳しくなり、借入れできるまでには時間がかかることが多いようです。

借入利率は、借入限度額によって変わり、金額が多くなれば金利は低くなります。低い利率で借入れしたいからと、借入限度額を多くしたいと考えても、審査に通らなければ無理です。どこの貸金業者でも、借入利率が低くなればなるほど、貸付審査のハードルが高くなります。新規で申し込んだ場合の借入限度額は、50万円までが通常となっていますので、最初は最も高い借入利率になってしまいます。

借入限度額は、収入や勤続年数などの属性情報や現在、過去の借入状況などの信用情報に基づいて審査され、決められています。借りたお金を滞りなく、きっちりと返済することを半年以上続けていれば、信用が高まり借入限度額を増やすことは可能となるでしょう。

ただし、消費者金融は総量規制により、年収の3分の1以上の融資をすることができない決まりになっていますので、どれだけ信用を積んでも借入限度額には限界があります。もし、それ以上借入れしたい場合は、総量規制対象外の銀行を利用することになります。

借入限度額の最高額は、消費者金融の場合500万円が多いのに比べ、銀行は800万円、1千万円となっているところが目立ちます。どこを利用するにしても、返済可能と思われる金額までしか借入れすることはできません。

借入とキャッシングは同じ意味?サラ金とは?

借入とキャッシングは同じ意味ととっても良いでしょう。言い方が違うだけで、どちらも借金です。例えばキャッシングローン・カードローン・学生ローン・銀行ローン・ビジネスローン・フリーローン・カードキャッシングなどは大枠で同じカテゴリに入るでしょう。これらを扱っている金融会社は「即日キャッシング」や「カードローン即日」、「キャッシング 比較」、「キャッシング即日融資」などをキャッチコピーにして融資までの時間を短くしようとサービスを競いあっています。

またサラ金(サラリーマン金融の略)は今でいう消費者金融のことを指します。漫画や映画の影響で悪いイメージを持っている方もいると思いますが、貸金業法の改正などにより、ひとむかし前と違い、安心して借りれるようになりました。

ところで、2~3社以上から借入をしている方は”おまとめローン”というサービスに申し込むことがあります。一つの会社に借り換えて管理しやすくすることですね。借り換えしたい時はこの方法以外にも、いま借りている会社のうち一社の限度額を上げてもらい、他の会社のローンをまとめるという手法もとても良いので覚えておきましょう。

記事一覧

Top